カタログ請求

機能的で使いやすい、ナチュラル×スタイリッシュな家。

たべる、あそぶ、くつろぐ…。日々の暮らしが愛おしい住まい。

二本松市にあるK様邸は、「食事の時間がくつろげる住まい」です。プロの料理人であるご主人が、「家族にもおいしい料理を作ってあげたい」という思いで、使いやすいキッチンにレイアウトしたり、フローリングに掘りごたつというダイニングスタイルを採用。それぞれの間取りも収納の位置も、ちょっぴり個性的。それは、「自分たちがくつろげるか」「本当に使いやすいか」ということをじっくり考えたからこそのアイディアばかり。仲良し家族のみんなにとって暮らしやすい、ライフスタイルにぴったりの住まいを叶えられたそうです。

ai140425_1

ai140425_2

ai140425_3

□家を建てた方:K様(二本松市)
□家族構成/夫婦2人+子ども1人
□施工会社/無添加あいの家
□延床面積/40~45坪

Q.どんな家を目指して家づくりをはじめましたか?

aruku どんな家が理想でしたか?
K様 娘が小学校に入学する前には、一軒家に住みたいと考えていました。僕が、二本松市内で飲食店を営んでいて、料理がとても好きなんですね。家族にも、おいしい料理を食べてほしいと思い、「食を囲んでくつろげる家づくり」を目指しました。

Q.家を建てた後の感想は?

aruku 実際に暮らしてみての感想はいかがですか?
K様 とにかく過ごしやすいです。僕は小さい頃からずっとこたつのある暮らしをしてきたので、これからもこたつでくつろぎたいと思い、リビングに掘りごたつを取り入れました。「やっぱりうちは、ソファよりこたつだね~」と、家族揃ってここで過ごすことが多いです。間取りや収納のレイアウトは、「無添加あいの家」のプランナーさんのアドバイスを反映したのですが、これは正解でした。カーポートから直接キッチンに出入りできるので、食材をたくさん買い込んできた時などは、スムーズに運ぶことができます。2階はウォークインクローゼットを独立させて家族共有にしたのですが、ここも季節の布団や洋服をまとめておけるので、衣替えの時やちょっと肌寒い日に出し入れするのに便利です。それに、空気がきれいだなと感じます。夏も快適と聞いていますので、これからが楽しみですね。

Q.お気に入りのポイントは?

aruku 住まいの中で、お気に入りの場所はありますか?
K様 リビングです。古材の梁と、スイス漆喰の壁が、何とも言えない落ち着いた雰囲気で、とてもくつろげます。薪ストーブの火がそばにあるのも、良いですよね。自然の熱が、家中を暖めてくれて、冬は本当に快適に過ごしています。
aruku 他に好きな場所は?
K様 キッチンですね。僕が使いやすいよう、天板はステンレス製にしてもらい、レイアウトも工夫しました。これも「あいの家」がすべてオリジナルで製作してくれたから、叶えられたんですよね。ここからリビングにいる家族の様子を眺められるのも好きな理由です。

お気に入りのポイント

1位 掘りごたつと薪ストーブのあるリビング

ai140425_4

2位 アールの下がり壁と木製のカウンターがおしゃれなキッチン

ai140425_5

3位 パソコンや書類の整理をするのに便利な1階の個室

ai140425_6

Q.暮らしはどのように変わりましたか?

aruku 新しい家での暮らしはいかがですか?
K様 やりたいことが増えました。ちょうど今、家族みんなで、庭に植える木を選んでいるところです。これからも「あそこはどうしようか?」と話し合いながら、自分たちのお気に入りの空間を創っていけることが楽しみですね。
aruku お子さんはいかがですか?
K様 家中を元気に走り回っています。あいの家は、いろんな工夫があるから、子どもにとっても好奇心が湧くんでしょうね。「今度お友達を呼んでいい?」とよく話しています。その時は、僕の料理をみんなに振る舞いたいですね。「ホームパーティで人が集まる家」にしたいと思っています。

arukuがチェックしたポイント

ai140425_7
和室 リビングとつながりのある和室は、小上がりになっていて大人数が集まっても広々と使えるスペースになっています。引き出し式の大きな下部収納は、子どものおもちゃや節句用品などの大きなものもしまっておけそう。

ai140425_8
2F階段 2階への階段の手すりは、ご夫婦の希望で細いアイアンを使ってアンティーク風に。ナチュラルな空間をスタイリッシュな雰囲気にしています。2階ホールは壁に高さのあるニッチが設けてあり、雑誌や小物を飾るのも楽しみになりそう。

ai140425_9
子ども部屋ロフト 子ども部屋には、天井梁に取り付けたブランコがあります。これは小さなお子さんにとって嬉しいポイントですよね。はしごを登れば広いロフトもあり、秘密基地のような感覚で遊べます。仕切りを付ければ、2部屋にすることも可能です。

ai140425_10
バス 一日の終わりにくつろぐバスルームは2階に設置。バスタブ側の小窓から、1階にいる家族の気配を感じることができる工夫も!インナーバルコニーから差し込む光が気持ち良く、朝風呂もゆっくりと楽しめそうです。

Q.施工会社を決めた理由は?

aruku こちらの施工会社を決めた理由は何ですか?
K様 最初のきっかけは、妻が「無添加あいの家」のテイストが大好きだったということです。でも、実は最初、僕は可愛すぎると落ち着かないなぁと思って乗り気じゃなかったんです。でも、あいの家の新しい事務所を見学して、一目惚れしました。ナチュラルだけど、かっこいい。自然素材の古材の梁とか瓦を使っていて、スタイリッシュなところが気に入りました。そこで迷わず、「無添加あいの家」にお願いしました。

このお家を建てた施工会社
無添加あいの家
福島市
無添加あいの家の詳細はこちら

関連する記事を調べる

その他の体験談

その他の工務店の体験談一覧
CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ