カタログ請求

新しい暮らしに期待を抱いて、楽しみながら建てた家

暮らしをデザインする楽しさに没頭しただけ満足度が高い家

ナチュラルモダンなステキな外観に見とれつつも玄関を開けると、レンガ調の壁と飾りテーブルがやさしい雰囲気を醸し出してほっと安らぎます。リビングまで足を運ぶと、とても広い一体型のLDKになっていて、キッチンダイニングと同空間でありがなら、スキップフロアで段差を設け、別空間に感じる工夫が施されていました。リビングには吹き抜けもあって、部屋の暖かい空気を2階にも送り込むためだそう。こんな風に部屋の間取りの工夫も、淡い白で統一されたシンプルな内装も施主のセンスが光る暮らしのデザインであり、それを実現したアトラスハウスのなせる技なんだなと実感しました。

□家を建てた方:H様(須賀川市)
□家族構成/夫婦2人+子ども1人+猫
□施工会社/アトラスハウス
□延床面積/42.2坪
□本体価格/2000万~2100万
□設備・機能/コミコミプラン(オール電化・空調設備・カーテン・照明・附帯工事・各種住宅保証・建築諸経費・消費税など56項目が本体価格に含まれる)

Q.どんな家を目指して、家づくりをはじめましたか?

aruku このお家を建てるときに目指していたことは何ですか?
H様 以前の住まいが貸家だったのですが、冬はとても寒くて困っていました。新築すると決めたときは、暖かい家にしようと決めていました。それから夫婦で話し合って、他とは違う自分たちらしいオシャレな家にしたいねって話していました。
aruku 床や内装などとてもオシャレに仕上がっていますね!デザインは何かを参考にしたのですか?
H様 内装などオリジナルでつくりたいと思っていたので2人でいろいろな見本を見ていたのですが、アトラスハウスさんのプランが一番豊富で自由に選択できました。リビングとダイニングを一番広くしたいという希望もありました。
aruku リビングとダイニングはオープンな一体空間に見えながら、スキップフロアで段差をついてそれぞれの独立した空間にも見えます。不思議ですね。
H様 はい、この微妙な感覚な間取りにできて満足しています。

Q.家を建てた後の感想は?

aruku 実際に暮らしてみての感想がいかがですか?
H様 とにかくあたたかくてびっくりしています。エアコン一台で家じゅう暖かいんです。吹抜けが1階の暖かさを2階に運んでくれるから2階にいても快適で満足しています。以前の住まいはコタツを使っていたので、コタツに入ってしまうと動くの嫌でなかなか動けなかったのですが、今はどこにいても暖かいので楽で助かりますね。
aruku それは良かったですね!他にはありますか?
H様 キッチンは広々としたかったと、使い勝手よくしたかったので収納棚を入れました。結果、お皿がたくさん置けるし、収納がすぐ後ろにあるので助かっています。
aruku キッチンは奥様のこだわりポイントですよね、満足できて良かったですね!

Q.お気に入りのポイントを教えてください。

aruku広いリビングとダイニングや内装のデザインなど、お気に入りのポイントはたくさんあると思いますが、他にもありますか?
H様 そうですね、猫を飼っているのですが、吹抜けの上から猫が顔をのぞくと嬉しい気分になりますね。

お気に入りポイント

1位 一体型のLDKを分けるスキップフロア

IMG_0477_2

2位 家族が団らんするリビング

IMG_0483_2

3位 猫が顔ののぞく吹抜け

IMG_0504_2

arukuがチェックしたポイント

P1130256_2
ぬくもりを感じるやさしい構えのナチュラルな外観

IMG_0506_2
玄関の壁紙のデザイン。このように家の随所にご夫婦が持つ世界観が施されていました。

IMG_0509_2
タイル調の壁紙がオシャレでシンプルな内装を引き立てます。

IMG_0501_2
奥様お気に入りの対面カウンターでシンプルなオープンキッチン。

Q.施工会社を決めた理由は?

aruku アトラスハウスでお家を建てられた理由はなんですか?
H様 一つはコミコミプランという、家にかかる費用のほとんど全てが込みだったこともありますね。他の施工会社を見て回りましたが、予算内で自分たちらしい家づくりができるのはここしかなかったと思います。選べる家具や床の種類が多く、オプションなしで選べるのはアトラスハウスさんだけでした。部屋の間取りを要望も付き合ってもらえて、満足できた家づくりになったと思います。

このお家を建てた施工会社
アトラスハウス
郡山市
アトラスハウスの詳細はこちら

関連する記事を調べる

その他の体験談

その他の工務店の体験談一覧
CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ