次世代の家づくりとは?

住宅コラム 

東日本大震災後、家づくりに対する考え方が変わってきたという人も多いのではないでしょうか?太陽光発電でエネルギーを生み出す家、自然の力を取り込む設計や工法、地震に強い家など、今月は「これからの家づくり」について、総合的に考えてみましょう。

次世代のスタンダード「エネルギーをつくる」

震災や昨年から求められている節電の影響から、最近は家づくりの際、太陽光発電パネルを搭載する人が増えているようです。オール電化などと上手に組み合わせれば、暮らしで使うエネルギーをまかなうことができて、余った電力を売電することもできる。確かに初期費用はかかるが、長い目でみればオトクになります。
太陽光発電のほか、注目を集めているのが地中熱。空気と違い、地中の温度は年間を通してそれほど変わりません。それを冷暖房に利用する方法です。エネルギーを生み出す家づくりを考えている方は、住宅性能にも注目してみてください。大容量の太陽光発電パネルや地中熱も、高性能の省エネ家電も、住宅性能をともなって初めてそのパワーを発揮できます。例えば、気密性の低い家と気密性の高い家があったとすると、どちらも同じ省エネタイプのエアコンを同じ時間、同じように使ったとして、消費電力が少なくて済むのはどちらでしょうか?答えはあきらかです。

価格にとらわれず自分の目で確かめよう

「でも、住宅性能の高い家って高いんじゃないの?」。そんな声が聞こえてきそうです。確かに住宅性能の高い家は一般的に坪単価も高めの傾向にありますが、家のカタチや間取りを工夫すれば、コストを抑えることも可能です。最近は、エネルギーを生み出しながら、コストを抑えた家づくりに取り組んでいる施工会社も増えています。気密性や断熱性、耐震性などの性能の高さは施工会社によって異なりますから各社の情報をよく見て、見学会やモデルハウスなどにも足を運んでみてください。

もう一つのスタンダード自然の光や風を取り込む

例えば、軒のひさしを深くすれば、太陽が低い位置に来る冬は日差しがリビングの奥まで届きます。反対に夏は直射日光が室内の奥まで届くのを防いでくれます。また、窓など開口部の位置を工夫し、室内を風が通り抜けるようにしたり、家の周囲の山から発する冷気を室内に取り込み、冷房に利用する手もあします。こうした家づくりでポイントになるのがプランナーの考え方です。施工会社のホームページに気になる施工例があったら、見学会などの機会を逃さず、施工会社の考えを聞いてみましょう。
また、自然の光と風を生かし、冷暖房に利用する工法もあります。それは、壁の断熱材の外側と内側に空気が流れる空気層を設け、冬は太陽の光で暖められた空気を、夏は床下から取り込んだ涼しい空気を循環させる仕組み。「パッシブエアサイクル(PAC)」や「通気断熱(WB)工法」などがそれにあたります。

地震に強い家は耐震等級と構造計算がポイント

ニュースなどでさかんにいわれているように、日本では今後、各地で大地震が発生する確率が高い。本当に地震に強い家を求めるなら、耐震等級に注目しましょう。現在は耐震等級2が平均的ですが耐震等級3なら安心感が増します。また、耐震性は耐力壁のバランスや数によっても変わってきます。家を建てるたびに構造計算を行う施工会社なら、さらに安心できますね。


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう