カタログ請求

十分な収納スペースと効率の良い作業動線が魅力のⅡ型キッチン2選

お料理が好きな人にとって効率よく調理できるかどうかは気になるところ。調理器具も結構な数があるし、生活感が出てしまう家電製品も上手に隠したい!という意見はよく聞きますよね。今回は、収納力と作業効率に優れたⅡ型キッチンの実例をご紹介します。

Ⅱ型キッチンとは

Ⅱ型キッチンはシンクとコンロが2つの調理台に分かれ、平行に並んでいるレイアウトのことです。体を反転させることでシンクとコンロが使え作業動線が短くて済みます。調理台が2つに分かれているので、レイアウト次第でアイランド型やペニンシュラ型にもできます。

Ⅱ型キッチン2選

色味・素材・質感にこだわった魅せる造作キッチン


施工会社:エーベデザイン(県北エリア)
木目とステンレス、陶器タイルの質感と色合いがマッチしたキッチンはお客様の満足度も高いそう。照明器具もペンダントライトにすることでカフェのような雰囲気に。


横並びのダイニングテーブルは木目の色を合わせることで圧迫感を感じさせず、出来上がった料理をスムーズに食卓に並べることが出来ます。


コンロ側のカウンターは大容量のスペースを確保し、壁に棚を付けたことにより魅せる収納も叶いました。棚は可動式なので置く物の高さに合わせて動かすことができるのも嬉しいポイントです。


シンクをアイランド型にしたことで、2人以上で料理するときも周囲への移動がしやすくなりました。リビングにいるご家族とのコミュニケーションも増え、会話も弾みそうです。

エーベデザインの基本情報

生活感を感じさせないスッキリとしたデザイン


施工会社:グッドホーム郡山(県中エリア)
施主様の要望でレンジや炊飯器など生活感が出るものを置く場所には扉を付け、使わない時は隠せるようにしました。


双方のカウンター天板には水垢の目立ちにくい石を使い、体の向きを変えるだけで作業スペースを2倍確保することが可能に。対面式のキッチンは、一方のカウンターを壁につけるペニンシュラ型にすることでスッキリとした印象になりました。


壁側には窓を付け採光と換気の役割を両立し、湿気や気になる臭いの問題も解消できます。シンクの下にはゴミ箱スペース、コンロ側には沢山の収納スペースを備えることで、調理も片づけもしやすい環境が出来上がりました。

まとめ

フラットな調理カウンターは、周りを見渡せるのでお子さんの様子もバッチリ。たっぷりの収納でスッキリとし、お料理もはかどりそうです!配置次第で雰囲気も変えられるので参考にしてみて。

このコラムをシェアする

CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ