カタログ請求

収納と使い勝手を両立したペニンシュラ型キッチン8選

家づくりで女性が最もこだわりたいスペースといえば、やはりキッチンではないでしょうか。食事の用意などでほぼ毎日立つ場所だからこそ、収納たっぷりで使いやすく、お料理も楽しくなるような設計にしたいですよね! 
今回は、最近多く見かけるペニンシュラ(半島)型キッチンの中で、デザイン性や機能性の両方にこだわった実例をご紹介します。

ペニンシュラ(半島)型とは


キッチンのレイアウトの一つ。キッチンの片側が壁についている対面式キッチンです。アイランド型キッチンよりもスペースを確保しやすく、デザイン次第でバーやカフェの様な雰囲気も出すことが可能です。

ペニンシュラ型キッチン8選

デザインから機能までこだわりを詰め込んだキッチン


施工会社:SIMOKU(県中エリア)
ステンレスのカウンターや黒革調の本体面材など、お客様の希望が形となった、他にはない自分だけのオリジナルキッチン。

カフェのような雰囲気で家族や友達との距離感が近いキッチンにしたいという要望にも応え、中庭状のテラスに繋げました。キッチン正面のサッシを開放すれば、天気の良い日は外で食事も可能に。もちろん、外との繋がりや景色の見え方にも気を配られたそうです。

既製品では、サイズやデザインなどが満足できるものが無かったので、オリジナルデザインで叶えたキッチン。最新式の水栓や食洗機なども備え、システムキッチンと同等以上の使い勝手を実現しました。

キッチン単体で考えるのではなく、周りの壁や収納の扉などの素材と色彩のバランスをとり、空間全体のデザインを心掛けたそうです。

調理家電も壁内に収まるよう収納も家具工事で制作。背面の扉を開ければ、食材や備蓄も多めに収納ができます。

SIMOKUの基本情報

見えないところに工夫がたっぷり!


施工会社:アドバンスホーム(県中エリア)
「一生もののキッチン」をテーマに、劣化しにくいステンレスのボディを標準装備。「調味料を見えるところに置きたい」との希望から、シンクの前の壁をくり抜き、調味料を並べて置ける棚を作りました。少しでもお手入れが簡単になるよう、素材はキッチンパネル。汚れてもサッと拭くだけできれいになります。

アドバンスホームの基本情報

理想的な動線を確保し家事もラクラク♪


施工会社:ユニバーサルホーム郡山北店(県中エリア)
「奥様の家事の負担を少なくしたい」との思いから設計した、題して「家事楽プラン」のキッチン。一日分の食器全てを一度で洗えるドイツ製(ミーレ社)大型食洗器に、お手入れ簡単なレンジフード、作業台の前には作り付けのスパイスラックも備え、食事の後片付けやお掃除をできるだけ時短できる工夫をしました。

背面には大容量のカップボードを設置。モノがあふれがちなキッチン周りをすっきり見せてくれます。

ユニバーサルホーム郡山北店の基本情報

自然なコミュニケーションを生む開放感


施工会社:伊藤建友(県中エリア)
お料理好きのご主人も使いやすいよう、作業台を90㎝とやや高めに設計。TOTOの「クラッソ」なら機能的な引き出しがたくさんついて、調味料などの収納もバッチリ。また、手元部分はさりげなく隠しながらもリビングまで見渡せるデザインで、キッチンにいながら家族やお客さんとも会話を楽しむことができます。

内装はアンティークスタイルのステンドグラスや空間にゆとりが感じられるペンダントライト、細部にまでこだわったモザイクタイルを取り入れ、木目調のクロスでナチュラルさをプラス。まるでカフェのような温かみのあるキッチンです。このほか、あえて階段壁を造らず、手すり部分も隙間を広く取るなど全体的に開放感のある空間を目指しました。

 

伊藤建友の基本情報

“美しさ”にこだわった魅せるキッチン


施工会社:大原工務店(県中エリア)
北欧インテリアが大好きという奥様のための、白を基調としたシンプルでモダンなキッチンです。前に設けたカウンターは出来上がった料理を置いたり、作業台にしたりとフレキシブルに使えるほか、シンクより1段高くしたことで手元を隠す効果も。

シンク横の棚は、見せる収納としても活用できるよう、あえて扉は付けなかったそう。食器などをしまっておくのにぴったりなカウンター前面の収納スペースは、プッシュ式扉のためフラットなデザインを邪魔しません。

また、床は汚れにくい耐水性フロアでお掃除も楽チン。大理石調が高級感をアップしてくれています。このほかこだわりポイントはカップボード上の吊戸棚の高さ。女性でも普段使いできるよう、あえて低い位置に設定しました。リビングダイニングとの一体感を意識した空間設計も参考にしてみてくださいね。

大原工務店の基本情報

お掃除が簡単で使いやすい!木製で可愛らしいキッチン


施工会社:カンノ住研(県北エリア)
油が飛び跳ねても吸収してくれるレンガを壁に張り、掃除やメンテナンスを簡単にしました。スパイスニッチ(キッチンニッチ)が設けられ、よく使う調味料もスッキリと収納できます。


背面には同じ高さの棚が。広さも十分に確保されているので、電化製品だけでなく作業台としても使えそう。


広々としたキッチンは2,3人で料理をしてもスムーズに作業ができます。パントリーもストックに困らない大きさに。

カンノ住研の基本情報

ナチュラルデザインに男前インテリアをプラスしたお洒落キッチン


施工会社:無添加あいの家(県北エリア)
電気工事の仕事をしているご主人が自らプロデュースし、無添加あいの家と一緒に作り上げました。キッチンの収納棚は全て一から造作。カップや家電の高さ、奥行、配置や色合いも考え、使いやすさを配慮しました。デザインは家全体に合わせてナチュラルインテリアに。


コーヒーを淹れるのが趣味のご主人の希望で、カフェコーナーやパントリーはインダストリアルな雰囲気に仕上げました。


ナチュラルデザインに男前インテリアなテイストが自然に馴染んで、とってもお洒落な空間が広がります。

無添加あいの家の基本情報

家族との時間を大切にした回遊できるキッチン!


施工会社:はぐくみの木の家(県北エリア)
木の温もりいっぱいのナチュラルなキッチン。リビングからは左右のどちらからでも行き来できるので、食事を運んだり、複数人で料理をしても快適に使えます。


キッチンも広々♪奥行のある作業台もママには嬉しいポイントです。奥にはパントリーもあるので、食材置きや使用頻度の低い家電を隠すのに最適ですね。背面には造作棚や収納棚をつくることで、すっきりと収納が可能に。


外にはテラス席があるので、天気の良い日には外でバーベキューやランチを楽しむこともできるのだとか。


キッチンのすぐ横にも扉があるので、テラスにもスムーズに行けます。こういった気遣いは至る所で見られます。


キッチンからはリビング全体を見通せるので、料理をしながら家族とTVを見たり会話を楽しむことも。毎日の家事が少しでもラクに、そして楽しくなりそうですね。

はぐくみの木の家の基本情報

まとめ

どのキッチンにも住む人のことを考えた工夫がたっぷり詰まっていて、使い心地も良さそう! 見た目にはすっきりとしていながら、実は収納力のあるタイプが人気のようです。ご紹介した実例を参考にしながら、ぜひあなただけの理想のキッチンを見つけてくださいね。

このコラムをシェアする

CATALOG

各工務店の魅力がよく分かる
カタログをお送りします

カタログを請求する
ページの先頭へ