2014.05.02

小室建設の家づくり紹介

福島県 施工会社  ,,,,

nika_11

二階建築郎の家づくり紹介【小室建設】
特徴:高気密高断熱・ヒノキ・ムク材・自然素材・炭化コルク・デザイン

高気密・高断熱の完全自由設計の住まいづくりを基本に、4寸檜の構造材、炭化コルクの床下材など見えない部分にもこだわり、より高い性能を追求している施工会社。デザイン性も重視し、住む人に寄り添った家づくりを提供してくれます。

mystyle_2

symphony_2

FNS043_2

確かな住宅性能と高いデザイン性のバランスがとれた家「高品位住宅」

ずっと、地域に根ざした家づくりを行なってきた小室建設。まずは、一軒一軒の家づくりにとことん関わってくれる。そんな地域工務店ならではの温かさが感じられます。小室社長が家づくりの基本として真っ先に挙げるのが高気密・高断熱。「これまでの家が寒かったから、暖かい家に住みたい。そうおっしゃるお客様が多いですね。だから温水パネル暖房やエアコンでも十分暖かい、そんな住まいをおすすめしています」。今や、高気密・高断熱は当たり前のように思われていますが、さまざまな工法や材料があって、それぞれ特徴や性能も違います。そんな中で、小室建設が目指すのはより永く住めて、効率のよい省エネ住宅です。そのために構造や、断熱材に使用する素材にもこだわっているんです。
そして、家は性能だけではないというのが小室建設のスタンスです。どんなに高い性能を持っていても、住む人は決して快適とはいえません。だから、自由設計でしかもデザインも重視しているんです。小室建設では、全体のバランスと洗練されたイメージが気に入って、デザイン性の高い高品位住宅「フォーセンス」を採用したそうです。なるほど、広さを感じさせる空間の演出など、センスが感じられます。
住宅性能とデザイン性。その両方を実現した家こそ、小室建設が提供する「高品位住宅」なのですね。

ゼロエネも視野に入れ、細部までこだわりぬく高性能住宅

小室建設の高性能住宅について、もう少し詳しくお聞きしてみました。まず構造では、重要な柱部分に通常の3.5寸角よりも10年分太いといわれる4寸檜を使用しています。1本の木から1本しか取れない芯持ち材で、もちろん荷重自体にも強く、そしてシロアリや腐食にも強いそうです。また、木は室内の湿度を調整したり、カビの発生を防いだり、さらにはその香りは癒しの効果も持っています。雨が多く、地震も多い日本で木造住宅が建てられてきたのには、そんな木の持つパワーがあったからなのですね。そして今、小室建設では、そんな木の良さを十分に活かす家づくりを提案しているのです。
他にも卵の殻を使ったクロス「エッグウォール」や漆喰、珪藻土など、小室建設では自然素材を積極的に採用。住む人の体にやさしい空間づくりを大切にしています。
 一方、高気密・高断熱に適した素材ということで、小室建設では環境素材「炭化コルク」を使用した「ジョイコス住宅システム」を採用しています。脱臭・調湿・遠赤外線効果・吸音効果に優れた「炭化コルク」と、冷蔵庫などにも使用されている断熱力の高い「水発砲ウレタンフォーム」を一体化した複合断熱パネル「ジョイパネル」。このジョイパネルを使った「ジョイコス住宅システム」なら、住む人の健康にもやさしい高気密・高断熱が実現できるといいます。さらに、太陽光や蓄熱充電なども駆使すれば、ゼロエネ住宅の実現も可能とのこと。
環境のこと、住む人のこと、小室建設の家づくりはさまざまなことを考え、常に進化しているんです。

デザインだって譲れない。そして資金の相談にも応じてくれる

小室建設が取り入れた高品位住宅「フォーセンス」は、高性能で高品質な住宅を実現するためのシステムです。シンプル・ベーシックからモダンまで、実に多彩なシリーズが用意され、これならさまざまな世代、さまざまな用途の家づくりに応えてくれそうです。そして、小室建設ではそんな多彩なデザインをベースに、さらに住む人の個性や希望に合った住まいを作ってくれるのです。たとえば光をいっぱい取り入れる窓。使い勝手のよい収納、オリジナルのクロス、配色。細部まで相談を重ね、建具の造作なども行なって、納得のゆく住まいを実現してくれます。
そうなると、気になるのは資金です。その点も小室建設は、住む人の立場になって考えるとのこと。長年地域に根ざしてきた会社だけあって、資金計画の相談にも応じますが、基本的な構造は保つことを前提に、予算に合った提案も行ってくれるそうです。一人一人の施主に寄り添った家づくりをしてくれるんですね。

jupitercube_2

シンプルだけど、上質感を漂わせる外観。2階中央のコートは、プライバシーを確保するとともに、屋内に広がりと開放感を持たせることができます。アルミルーバーが高いデザイン性を訴求しています。

FNS013_2

梁を見せる天井は、木の温もりとともに主張し過ぎないデザイン性を感じさせます。キッチンからダイニング、リビングまで、統一感を持たせることで広がり感を生み出しています。

FNS023_2

吹き抜けや窓の配置、照明など、クォリティの高いデザインが、施主の個性を感じさせます。ここでもやさしい木の風合いが、暮らしに癒しをもたらしてくれます。

IMG_7068_2

リビングの壁の一部に、外壁に用いることの多いサイディングを施しました。重厚な石積みが白い壁のアクセントになっています。意外性のあるデザインもまた、個性を表現してくれます。

施工会社のお話

「家も心もあたたまる」をテーマに、自然派省エネ住宅を造り続けています。高気密・高断熱の自由設計の住まいを基本に、見えない部分にもしっかりとした素材を用い、きちんと施工する。それが小室建設の家づくりです。お客様とのコミュニケーションを大切に、建具をオーダーで作ったり、時には部屋にあわせた手作りのドアや棚を作ることもあします。一人一人のお客様のために、一棟一棟大切に仕上げます。お客様とは生涯を通してお付き合いしていきたいと思っています。

二階建築郎の感想

一言で言えば、細かなところまで希望を叶えてくれそうな、懐の深い会社だと感じました。見せていただいた施主邸も暮らしやすそうな間取りと個性の感じられるデザインで、しかも構造や断熱もしっかりしています。小室社長は、施主のご家族ともすっかり打ち解けた様子で、それだけ丁寧に向き合っているのだということがわかります。小室建設さんならきっと、性能もデザインも納得の、そして施主の暮らしにぴったり合った理想の家を実現してくれるのではないでしょうか。

小室建設の最新情報

小室建設の基本情報

施工会社名 有限会社小室建設
住所 福島県岩瀬郡鏡石町中央80
電話番号 0248-62-2526
事業内容 新築・リフォーム
定休日 不定休
営業時間 8:00~19:00
ホームページ http://www.komuro-kensetu.jp/
テーマ シンプル
価格 坪単価50万円~65万円
その他 自由設計と注文住宅・木造在来工法・ゼロエネルギー住宅・高気密高断熱・ヒノキ・デザイン・ゼロエネルギー住宅

あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう