水まわりの間取りで節約?ちょっとの工夫で快適に暮らせる水まわりと間取り

家づくり 方法  ,,

動きやすく、使いやすい水回り(洗面室・浴室・トイレ)

使い勝手がよく居心地のよいサニタリー空間は、暮らしにゆとりを与えてくれるもの。水回りをキッチンのそばに設けることが多く見られますが、これらを同じゾーンに設置するのは、何かと経済的です。給排水管、電気、ガスなどの配管工事や設備機器の取り付けがまとめてできるため、コストを抑えられます。家事をする上では、キッチンだけでなく、洗面室・浴室・トイレなど水回りの位置もとても重要です。暮らしてみたら、思っていたよりも使いづらい…なんてことにならないように注意したいもの。たとえば、洗濯機を置く浴室や洗面室をキッチンの隣に設けると、料理をしながら洗濯や掃除ができるのでとても便利です。また、洗面室からバルコニーに出やすいと、洗濯物を干すのに便利で動きにムダがなくなります。

洗面脱衣室の配置は、お風呂から上がったあとに、どこでどう過ごすかを考えてプランを立てるのもおすすめ。お風呂上りにパジャマでリビングでゆったりくつろぐ方もいれば、就寝する前に入浴してそのままベッドへという習慣の方もいるでしょう。どちらの場合も洗面室からリビングが近いプランにしておくと、湯冷めの心配もなく、お風呂上がりにくつろげて快適です。もし、寒い廊下や玄関ホールを通って部屋に戻るプランだと、自分達が高齢化したときの「ヒートショック」が心配です。将来の暮らしを見据えたプランニングを目指しましょう。


ここがポイント

  1. 水回りは1ヵ所にまとめることで、動きやすくて経済的に!

あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう