NEW

ママ必見!おしゃれで使いやすいキッチンは?

住宅 リポート 

デザインや造作収納はどうする?設備はどれがいいの?
家づくりにおいてキッチンは、決めなくてならないことがたくさんあります。
毎日使う場所だからこそ、料理が楽しく、ラクになるように
使い勝手にもこだわって仕上げたいですよね。
もちろん、家事をしていて気分が上がる見た目も大事!
今回は、キッチン全体のレイアウトや収納などのこだわりを実現するポイント、そして、実際にこだわって作り上げたお気に入りのキッチンを紹介します。

家族のこだわりや使い方に合わせてキッチンを選ぼう!

レイアウトで選ぶなら…

みんなで料理を楽しみたい人には「アイランドキッチン」
カウンターを四方から囲むことができるアイランドキッチンは、リビングの中心に。キッチンのまわりに自然と家族が集まり、会話が生まれます。シンクの前も広めのカウンターにしておくと、作業スペースも広くて便利!気をつけたいポイントは、臭いや汚れを室内に広げないこと。高機能の換気扇でカバーするなどの配慮が必要です。

無駄がなく機能的に使いたい人にはI型&Ⅱ型の「オープンキッチン」
I型の対面式キッチンは、シンクやコンロなどを一列に配置したもので、横移動だけで作業ができるので、省スペースで実現できます。Ⅱ型キッチンは、I型キッチンの背面に収納キャビネットやカウンターなどを設けたもので、作業効率もすぐれています。どちらも、カウンター下を収納に利用できるので、無駄がないのも魅力です。

料理に集中したい人には「独立型キッチン」
最近は、オープンキッチンが人気を集めていますが、クローズドタイプのキッチンも根強い人気があります。その理由は、使い勝手のよさ。水や油でダイニングスペースが汚れる心配もなく、調理器具や食材を好きなだけ広げながら料理に集中できるというメリットがあります。

デザインも大事にしたいなら…

家族のコミュニケーションを深める「一体型キッチン」

キッチンカウンターとダイニングテーブルを一体型に造作し、キッチン部分をやや小下がりにします。食事をする家族と同じ目線で料理ができるので、忙しい日々でも子どもやご主人とコミュニケーションがとれるあたたかい造りです。ホームパーティなどにもぴったり!

使うほどに愛着のわく「タイルキッチン」

キッチンの天板や背面の壁に、お気に入りのデザインのタイルを使用。まるで絵本に出てきそうな可愛らしいキッチンは、日常がとっておきになるようなワクワク感をもたらします。

自分だけのオリジナル!職人さんの「造作キッチン」

リビングと自然につながる対面式のオリジナルキッチン。使う人の好みに合わせて、高さなどを調整し、カウンターから背面収納まですべて職人さんが造作。カウンターや取っ手などのパーツの素材選びもこだわり、デザインを重視します。収納はすべて使い勝手のよい引き出し式でスッキリと♪

収納計画もしっかりと!

キッチンの収納計画で、パントリー(食品庫)を希望される方も多いのではないでしょうか?パントリーがあると、食料品のストックはもちろん、ホットプレートなどの大型調理器具、レシピ本など、食器棚やカウンターの下におさまりにくいものがスッキリと片付きます。
パントリーはキッチンの奥につくる場合が多いですが、廊下からも行き来できる回遊式動線にすると、より使い勝手がよくなります。キッチンまわりにスペースがない場合は、発想を変えて、玄関やガレージに収納スペースを設けてみるのもおすすめです。

おしゃれで使いやすいキッチン5選

素敵なキッチンを実現したお住まいを紹介します。

母の家


見せる収納が楽しいカフェ風キッチン
広々とした使いやすさ満点のカフェ風対面式キッチンは、料理をしながら子どもの様子をチェック。美しい造作棚は、見せることによってスッキリと片付きます。おしゃれな空間で、家族や友人と一緒にゆったりと料理やお茶の時間が楽しめます。

きづくり家 匠


スタイリッシュなアイランドキッチン
広いLDKでひときわ目を引くアイランドキッチンは、母娘はもちろん、ご夫婦でキッチンに立っても余裕の広さです。背面の壁には奥様がこだわったタイルを貼って温もりを添えました。キッチン奥のパントリー兼家事室もお気に入り♪

吉田技建


憧れを詰め込んだ、とびきりの可愛さ
白を基調に、高い位置に設けた造作の食器棚をはじめ、レンジフードや飾り棚も、「こうしたい!」という施主様の思いに応えたオリジナルキッチン。木枠が美しい窓からは光が差し込み、明るさと開放感を演出しました。

スタジオ・イエモン


ブルーの壁に映える造作収納&カウンター
キッチンカウンターや背面の収納棚など、施主様の要望で細かい寸法で仕上げた造作がおしゃれ。カウンターの内側に貼ったタイルもこだわりの一つで、重厚感のある照明や壁面の濃いブルーとともに空間に彩りを添えています。

伊藤建友


『かもめ食堂』のような癒しのキッチン
映画『かもめ食堂』のキッチンに憧れた施主様の希望で、クロスはほんのりブルーの塗り壁調にして、収納は温かみのある木目で統一。カウンターを手元が見えない高さにして、背後の窓から季節の移り変わりを感じられる空間に仕上げました。


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう