本当は高い?安い?「坪単価」のヒミツ

住宅 資金計画 

広告(カタログやチラシ)などでよく目にするのが「坪単価」。つまり、建てる家の面積の価格を「坪あたり=いくら」または「1平方メートルあたり=いくら」で表示している数字です。一言で「坪あたり●●万円!」と言っても、あくまでも目安です。

家の大きさ、使っている材料、デザイン、間取り、キッチンやバスルームをはじめとする設備によってずいぶん変わってきます。これだけでは、家のグレードや仕様、設備は判断できません。

また、坪単価とは「建物の本体価格を延べ床面積で割った数値」のことなので、この場合の建物の本体価格には、一般的に屋外設備工事費などの「別途工事費」や各種税金などの「諸費用」が含まれてないと考えておきましょう。

チラシの坪単価を見て、「これなら建てられる」と思えても、あくまでも最低ラインの価格表示であるため、別途費用がかかることを忘れないようにご注意ください。坪単価を計算する際の「本体価格」の基準も各社まちまちなので、はじめに建物本体のみの工事費なのかどうか確認することをおすすめします。

坪単価だけで判断しちゃダメ!!
 内訳をきちんと見極めて

「坪単価」とは、家を建てるときの1坪当たりの建築費のことで、建物の本体価格を延べ床面積(坪)で割った数値」のことです。1坪はおよそ3.3㎡で、家を建てるときの目安として参考にされている数値です。

ここで覚えておいてほしいことは、どこまでの金額を本体価格とするのか、また除く面積は何を基準にするかといった「坪単価」の算出基準が明確に決められていないという現状です。そのため、坪単価を低く(安く)表現するためには本体価格(分子)を低くし、面積(分母)を大きくするということが出来てしまうというから驚きです。

そうなると、坪単価40万円の建物でも坪単価20万円と表現できたりするわけです。しかし、家は本体価格だけでは建てることが出来ません。本体価格とは別に「別途工事費」や「諸経費」が必要になります。

本来ならば本体価格に含まれるべき工事項目を別途工事費にしたり、諸経費として別に見積れば本体価格は低くなってしまいます。ここで、正しい価格を見極めるためにも、しっかりと何が含まれているのか確認することが大切です。

広告の坪単価は、あくまでも目安に!

つまり、広告(カタログやチラシ)などに表示されている価格だけでは、家は建たないということです。本体工事費のほかに別途工事費が必要になります。

別途工事費は、会社によって内容が異なりますが、一般的に、解体工事費、敷地調査費、地盤調査費、家屋調査費、地盤改良費、ガス・給排水引き込み工事費、屋外電気工事費、建物の外まわりの塀・門扉・屋外駐車場・植栽などの外構工事費、照明器具、カーテン、などがあります。

こうしてみると、広告表示の価格以外にずいぶんお金がかかることがわかります。実際に本体工事費を見てみると、家づくりに必要な総費用の約70~80%と言われています。会社によって含まれる金額などは違うので、気になることはそのつど確認すると良いでしょう。納得して家づくりを進めていきましょう!

建物によって坪単価が変わる!

建物の形状によっても坪単価は違ってきます。同じ床面積でも建物の形状が正方形の場合と長方形、L型、凹凸型では坪単価が変わってきます。

一番安く出来ると言われているのは外壁面積が一番少なくてすむ正方形の建物で、逆に建物の形状が複雑になるほど外壁面積は増えていき坪単価は上がっていきます。次に平屋建て、二階建て、三階建ての場合でも変わってきます。平屋建ての場合がなぜ割高かというと、基礎と屋根面が二階建ての場合よりも二倍かかるからです。

ここがポイント

  1. 「坪単価」はあくまでも本体価格の目安であることを忘れずに
  2. 会社によって本体価格に含まれているものが違うので、細かくチェック!

nika_c
築郎コメント

坪単価を見て「これなら大丈夫かも!?」と考えていましたが、全然違うんですね。何が含まれているか、また、ほかにどれぐらいかかるかしっかり確認を!


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする 施主インタビューをみる

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント


error: Content is protected !!