家づくりにかかる諸費用とは?見落としがちな諸費用をチェック

住宅 資金計画 

家づくりにかかる費用って?

「家づくりって何にいくらかかっているの?」そんな疑問をきっと皆さんお持ちだと思います。ついつい「坪単価」にばかり目を奪われがちですが、この坪単価にも何が含まれていて、何が含まれていないのか、しっかり把握することが大切です。

坪単価は通常は本体工事費を表しているので、工事の前後に必要な諸費用は含まれていません。資金計画を立てる際に必要な“お金の内訳”を見ていきましょう。

家づくりの費用は大きく分けると、3種類。建物本体の工事にかかる「本体工事費」と建物以外の別途工事にかかる「別途工事費」、さらに工事費以外にかかる「諸費用」を足したものが家づくりの総費用となります。つまり、家づくりの準備段階から、できあがった家に引っ越しをして住み始めるまでに必要な全ての費用のことが「家づくりの総費用」です。ここでは、「諸費用」の内訳を理解しましょう。

「諸費用」に含まれるものは?

諸費用は、一般的に総予算の約5~10%に当たると言われています。印紙税や登録免許税、不動産取得税などの税金や登記費用、住宅ローンの手続き費用、引越し費用、建て替えに伴なう仮住まい家賃などが主なものです。家づくりのためには、建築工事費以外にこうした諸費用までを見込んで、資金計画を考えなければなりません。竣工後は、登記費用と税金の支払いに必要な現金を用意しておく必要がありますので、こちらもお忘れなく。

まず、諸費用には、どんな項目があるのかを見ていきたいと思います。ざっと挙げるだけでもこれだけの諸費用があります。

○取得費用
印紙税(売買契約・工事請負契約)
登録免許税(保存・移転登記)
登録手数料(表示登記・保存・移転登記)

○ローン手続き費用
不動産取得税
住宅ローン契約手数料
住宅ローン保証料
火災保険料・地震保険料
団体信用生命保険料
登録免許税(抵当権設定登記)
登記手数料(抵当権設定登記)

○その他
地鎮祭・上棟式
引っ越し代
粗大ゴミ処分費
電話移設費
近隣への挨拶料(着工前、上棟時、施工後)
水道加入金
住宅性能評価申請料
家具・電化製品

諸費用には、税金などのように、どうしても節約できないものもありますが、火災保険や司法書士の手数料などのように、金額が上下するものもあります。これらの内容をよく知っていると、住宅購入時の出費を抑えるのに役に立ちます。限られた予算の中で、自分たちが希望するマイホームを最大限に実現するためには、施主自身が資金に対する自覚を持つことが重要です。

意外と高額な諸費用も事前にチェック!

最後に、高額の支払いが必要になりあわてた、とよく言われるものをあげてみますので参考にしてください。
・上下水道・ガス引き込み工事
・住宅ローンの保証料
・火災保険

土地によりますが、水道、ガス管を道路から引き込む必要がある場合、特別な工事とその支払いが発生します。住宅ローンの保証料は、必要のない住宅ローンもありますが、借入額によって数十万円に及ぶため、驚かれる方が多いようです。同じように、火災保険の支払いも家の構造によっては高額になります。「こんなにかかるとは知らなかった」とあわてないように準備しておきたいものです。

ここがポイント

  1. あらかじめ主な諸費用を把握しておく。もれている諸費用がないか、金額が妥当かのチェックも忘れずに
  2. 建築工事会社以外への工事会社や行政(税金等)への支払いを確認する

nika_c
築郎コメント

はじめに「諸費用」をリストアップして、納得して支払えるように管理していくことが必要ですね!念のために、予備費なども考えておきましょう。


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする 施主インタビューをみる

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント


error: Content is protected !!