「子育て世代」の家づくりで押さえておきたいポイントは?

福島県 施工会社  ,

170327_1

子育て世代の家づくりでは、どのようなことを意識したほうがいいのでしょうか。

広々リビングや目の届く間取りで家族が触れ合える環境など、物理的な要素だけでなく、毎日のコミュニケーションや子どもの心身の健やかな成長を願った家づくりを提案する『はぐくみの木の家』さんに、「健やかに」育てるための大切なポイントをお聞きしました!

170327_3

お子さんとの理想的な関係を築く空間づくり

子育ての期間は、長いようであっという間に過ぎてしまいます。その期間、いかに子どもとのコミュニケーションをとれるようにしてあげられるかが大事です。
コミュニケーションのとり方や教育の考え方などはご家庭ごとに違います。『はぐくみの木の家』では、それぞれの考え方に合った“理想的な家族のあり方”を提案してくれます。

たとえば、自然と子どもたちがLDKに集まってきて、「今日、学校でこんなことがあったよ」「ご飯ができたから、茶碗とはしをテーブルに持っていって!」など、何気ない会話が弾み、日常生活の中でコミュニケーション(礼儀作法、しつけ)がとれるような空間をつくっていきます。

それには、あえて子ども室を広くつくらず、ダイニングテーブルで宿題をしたり、2Fには家族の共有スペースをつくり、そこが遊び場や勉強スペース、ライブラリーコーナーだったり。どこにいても子どもの気配を感じられるので、親子のコミュニケーションがとりやすくなり、良い関係が築けそうです。

170327_4

のびのびと生活できる快適な間取り

家事や生活動線を考える際には、家族間で話し合いながら十分検討することが大事です。『はぐくみの木の家』では、空間づくりのプロとして、家族構成やライフスタイルに応じたベストなプランを提案してくれます。

毎日使うトイレや洗面所などの使い勝手や生活動線。洗濯をする場所と物干し場の距離や使い方。適材適所の収納スペースの確保。子どもと過ごすリビングの在り方など。快適な生活・家事動線が心にゆとりを与え、家族を良好な関係へと導いてくれます。

『はぐくみの木の家』は、子どもたちがのびのびと過ごせる広がりのある間取りが特徴です。共働き世帯が多い中、子どもと過ごす時間は家族にとって愛しい時間。
家族が集うリビング、ダイニング、キッチンを、もっとも大切な空間と考え、家族の団らんと明るさ、風通しにこだわりながら、外とのつながりのある空間をつくり、より広がりがある設計をします。
この空間では、家族とのふれあいがあり、自然の光と風を感じ、子どもたちは四季の移り変わりを目で見て肌で感じることができます。

安全な素材へのこだわりと感性を育む暮らし

野菜や食品の添加物に気をつけるように、家づくりの素材にもこだわりたいものです。生活のほとんどの時間を家で過ごす子どものために安全な環境をつくってあげましょう。

『はぐくみの木の家』は、天然木の天井や床、珪藻土の壁など自然素材にこだわった安全な木の家です。シックハウス症候群などの心配もなく、アレルギーの軽減も期待されます。
何より、素肌に気持ちいいだけでなく、お子さんの五感を育むことにも注目してください。

裸足で歩けば無垢の木のやわらかい質感を肌で感じて五感が刺激され、きれいな室内の空気を吸って、木の香りでリラックス効果があります。

窓から入る光と風、庭の風景とともに自然を身近に感じる生活を楽しめます。四季折々の美しさや自然の持つ力にふれることで、子どもの豊かな感性が育まれていきます。

『はぐくみの木の家』が大切にしている子育ての考え方が、家づくりに見事反映されています。子どもたちの健やかな成長と感性を育む家づくりについて、一緒に話してみませんか!

子どもの感性を豊かにするはぐくみの木の家

170327_5

170327_10

子どもの五感を“はぐくむ”子育て家族にうれしい住まい

『はぐくみの木の家』のモデルハウスを訪ねると、まるで我が家のように居心地が良くてほっとします。それは、心にも体にもやさしい天然木と、日当たりと風通しの良い自然を生かした気持ちのいい空間だからです。

家づくりのプロとして200棟近くを手がけた南さんに、『はぐくみの木の家』で大切にしていることをお聞きすると、「自然とのつながり」という答えが。「家族みんなの五感を刺激する心地よさは、自然とともに暮らす中でこそ生まれるもの」といいます。

実際に訪れて体感したarukuスタッフも、この住まいこそ、子育てをしているお母さんとお父さんに、絶対に見て感じてほしいと思いました。

170327_7

170327_8

子どもには、五感を刺激する環境が必要です!

幼少期は、五感への刺激をたっぷり与えられる環境が大切と言われています。
最近は、「危ないから」という心配ばかりで、子どもたちは庭や公園で自然とふれあったり、火を見る機会などもほとんどありません。楽しみ方や危険への回避など、実際に体験してわかることも多いのに残念です。

それは家づくりの材料にも言えること。クロスの壁や合板の床では決して感じることができない、天然木や漆喰、珪藻土の“自然素材の持つやさしさとぬくもり”があります。
『はぐくみの木の家』がこだわる自然素材にふれることで豊かな感受性が育まれていきます。

素足で歩き、庭を楽しみ、季節の喜びを感じよう。

『はぐくみの木の家』では、自然を活かした暮らしを家族で育み、楽しむことができます。家の中を裸足で歩き、大きな窓から差し込む光と風景を楽しみ、庭に出れば木々を渡る風を感じ、植物にふれて、四季の変化を知ることができます。

見て、ふれて、感じることは、子どもにとってかけがえのない体験になるはず!
風景を切り取るように設置した窓にもこだわりがいっぱい。何気なく過ごす時間の中で、変化する光や風から自然のリズムを体験することで、子どもの感性は磨かれ、身体感覚も鍛えられていきます。

170327_9

開放的な空間で、子どもたちものびのび!

『はぐくみの木の家』は、お客様とじっくり話し合ってつくる自由設計の住宅です。
得意とする「広がりのある明るい空間づくり」は、ライフスタイルに合わせた動線とゆったりした間取りが特徴。この空間づくりに欠かせないのが、光と風の快適な通し方です。

基本は、その土地の気候風土や近隣の状況を踏まえて設計します。
暑い夏には庇(ひさし)が日差しを遮り、庭の木々で木陰をつくり、その木陰を通った風で涼み、冬には陽の光を取り入れながら、太陽の熱を利用したOMソーラー(太陽の熱で床暖房)で快適な暖かさを実現します。

四季を五感で感じながら、おもいきり走り、遊べる住まいで、子どもたちはのびのびと成長していきます。

家づくりのプロの多彩なエピソードに感動!

「家づくりではなく、ご家族がどんな住まい方がしたいのかが大切です」を話す南さん。施主様のお話を丁寧に聞いて、土地や周囲の環境を考慮しつつ、ライフスタイルに合わせた提案をしてくれます。

以前にはこんなエピソードも。
家相にこだわられた奥様が東南角地の玄関を強く希望されていましたが、南道路や隣家(隣接側にリビング)の間取りなどを考慮した結果、ご夫妻と3人の子どもたちが周囲を気にせずに快適に暮らせる家族団らんの場を東南側に設け、1日中、陽が入るプランを提案。
当初はOKをいただけませんでしたが、2か月後に奥様も納得してくださったそう。その結果、「子どもがリビングで騒いでも、近隣を気にせず快適に暮らせる」と、ご家族にとても喜ばれたそうです。

プロのこだわりと施主様を思う気持ちがあふれた貴重なエピソードは、家づくりの参考になりますね。

職人の手による、我が家だけの造作家具

「たくさん収納できる素敵な家具が欲しい」「かっこいい木のカウンターがここにあれば」などの要望にもちろん応えてくれます。

本棚やライブラリー、カウンターなどもおまかせを。空間に合った造作家具もすべてオリジナルなんて、とても贅沢で幸せなこと♪

170327_11

環境にも家計にもやさしい「パッシブデザイン」+「OMソーラー」の家

高断熱・高気密の家づくりが大前提の今だからこそ、昔ながらの五感を刺激する日本の家づくりが注目されています。

『はぐくみの木の家』は、季節ごとの心地良い風を取り入れたり、夏の日差しを遮り、冬の日射を取り込むなどの「パッシブデザイン」が基本です。
また、毎日の生活で使用するエネルギーの大半が、低温の熱(冷暖房…20℃位、給湯…30~40℃)ということをご存知ですか?
そのエネルギーを太陽の熱や光を使ってまかなう「OMソーラー」を取り入れています。

太陽の熱を利用して屋根で暖めたねつ空気を床下に送って蓄熱し、家中を床下から暖めたり、その熱でお湯をつくることもできます。夏は、屋根で集熱した熱い空気を外に排出するので、一年中快適な環境が保たれます。
「パッシブデザイン」+「OMソーラー」の家づくりで、積極的に自然エネルギーを取り入れ、CO2を排出しない、環境にも家計にもやさしい住まいが実現できます。

170327_6

長く住み続けられる木の家をモデルハウスで体感しよう!

福島市御山にある『はぐくみの木の家』のモデルハウスは、天然無垢材の気持ちよさとOMソーラーの魅力にふれることができます。
1階に広がるLDKの大空間をはじめ、おしゃれなキッチンや収納家具、2階に設けたバスルームと洗面コーナー、そして驚くほど開放的な寝室や屋根勾配を活かした収納スペースなど、見どころがたくさんあります。
高い性能と品質についても、スタッフの皆さんが詳しく説明してくれるので、まずは気軽に遊びに出かけてみませんか?

『はぐくみの木の家』最新情報

『はぐくみの木の家』基本情報

施工会社名 はぐくみの木の家
住所 福島市御山字中屋敷83-1
電話番号 0120-310-275
事業内容 新築・リフォーム
定休日 毎週水曜日、第2火曜日、第4火曜日
営業時間 10:00~18:00
ホームページ http://www.hagu-kumi.com/
テーマ ナチュラル
価格 坪単価 55万円~
その他 在来工法、OMソーラー

あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする 施主インタビューをみる

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント


error: Content is protected !!