2014.03.04

ウッディホームの家づくり紹介

福島県 施工会社  ,,,,,,,

nika_11

二階建築郎の家づくり紹介【株式会社ウッディホーム】
特徴:省エネ住宅・ゼロエネルギー住宅・長期優良住宅・デザイン住宅、太陽光全量買取住宅

①「数奇屋造り茶室展示場」
woody_ie1

②「外断熱・ウッディの家(岩瀬郡)」の外観写真
woody_ie1

③「増築仕様SCの家」の吹き抜けの写真
woody_ie3

『ウッディホーム』は、1985年より省エネルギー住宅に取り組み、家づくりでいちばん大切な「住みごこち」と「エコ」を追求し、「外断熱」と「二重通気」の二つの技術を組み合わせた「ソーラーサーキット」を採用。さらに、同社が培ってきた経験と技術力を生かし、ソーラーサーキットを進化させた家づくりを手がけています。また、ゼロエネ住宅を推進し太陽光発電搭載の高性能の家を実現しました。一年中快適に暮らせる住まいは、夏の開放感と冬の暖かさを身体と心で実感できます。福島県産材にこだわった「木造の家づくり」と省エネ性・快適性の「ゼロエネ住宅」の両立を目指し、家族にも地球にも優しい住まいを提案しています。

外断熱の遮断性、二重通気の爽快さ
毎日つづく心地いい暮らし

私たちが住む日本は、四季の気温差に加え多雨多湿で、家づくりにはたいへん厳しい環境です。そのような中で「快適な住みごこち」を確保するには、暑さにも寒さにも湿気にも強い家が求められます。つまり、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる、ということ。同社は、この難題を「外断熱」と「二重通気」という二つの技術を合わせることで解決しました。外断熱とは、家全体を断熱材で包むことで断熱性を高める技術。二重通気とは、躯体内の二重の通気層で室内の熱や湿気を調節する技術です。そして、この二つを融合させる時に大切な役割を果たすのが、床下と小屋裏に設けた開閉ダンパー。夏は開いてさわやかな空気を取り入れ、冬は閉じてあたたかい熱を閉じ込める。その結果、まるで家が衣替えをするように、夏さわやかで、冬あたたかい理想の家が誕生しました。
この「ソーラーサーキット」のノウハウを生かし、技術力でさらに進化させたのが同社の家づくり。夏にどれだけ熱ごもりを開放させられるか、冬はどれだけ熱を逃がさないで快適にいられるかを追求し、さらに「太陽光発電」搭載でゼロエネルギー住宅を目指しました。その結果、常に一定温度の地熱を基礎熱に利用し、通気層を流れる空気で一年中快適に暮らせる家を実現。湿気や湿度を調節するので結露やカビの問題も解決、長年住む上での木の家の弱点となる木の老朽や腐食を防ぎ、木の家を長持ちさせます。場所によって、窓の開閉方向を変えるなどの配慮も居住性を高めています。さらに、「長期優良住宅+地域型住宅ブランド化事業制度」を活用し、高性能住宅のための補助金を使ってコスト負担を軽減。かけがえのない家族のための大切な資産=長く住み継ぐ家と考え、真摯に家づくりに取り組んでいる施工会社です。

太陽光発電と県産材にこだわった長期優良住宅
快適な住環境がもたらす幸せと開放感

リビングの大きな吹き抜け、たっぷり降り注ぐやわらかな日差しなど、住まい全体にあふれる開放感が印象的な同社の家づくり。県産材にこだわった地産地消でCO2を減らし、太陽光発電を採用することで地球に優しい住まいを提案します。天然木のぬくもりに包まれた表情豊かな空間は、さらに調湿・脱臭効果や優しい香り、風合いなど、自然素材ならではの魅力があふれ、深いくつろぎ感を抱かせます。また、幅広い世代が楽しく暮らせるようにと、シンプルモダン、ナチュラルから、京都の茶室と同じ技法を取り入れた数奇屋造りの本格和風建築まで、デザインやテイストも多岐にわたって提案してくれます。
「外断熱」と「二重通気」によって熱ごもりによる夏の暑さが気にならないので、デッドスペースになりがちな床下や小屋裏も趣味のスペースや遊び場に早変わり。2階ホールにも爽やかな風が行きわたるので、家族の気配を感じながら、子どもたちが勉強したり遊んだり、安心して過ごすことができます。夏の寝苦しい夜でもぐっすり眠れる心地よさが幸せ。ハウスダストやカビ、結露の悩みを解消し、家族の健康を守りながら、新しいライスフタイルを提案する住まいを実現します。また、壁厚を利用して本棚や飾り棚などプラスαのスペースを作れるので、暮らしの楽しみも広がりそう。もちろん、間取りも外観、内観も自由なので、家族の描く住まいの夢を叶えることができます。

家族や友人が集う、ゆったりとしたリビング。大きな吹き抜けを通じて2階とのつながりも感じられ、どこにいても家族の声や気配が感じられる安心設計。住まい全体にあふれる伸びやかさが心地いい。

woody_ie1

空間を有効利用できるのもウッディホームの家の魅力。気温が上昇する季節、熱がこもりがちな「小屋裏」も快適に過ごせるため、収納はもちろん、趣味のスペースや子どもの遊び場など、固定階段を設け、生活空間として使うことができる。

woody_ie1

職人技で丁寧に仕上げた本格和室や数奇屋造りの純和風住宅も実績豊富な同社が得意とする分野。美しく造作された引き戸や天井など細部までこだわりがあふれていて趣がある。家族の希望を叶えながら、「どの世代も暮らしを楽しめる」家を実現。
woody_ie1

床や腰板、建具など、天然木をたっぷり使ってナチュラルな雰囲気に。多目的に使える収納棚は、サイズもデザインも施主様の希望に合わせて作ったオリジナル。自然素材が香る居心地のよい空間でゆとりを楽しむ暮らしを。

自然のチカラに感謝して心豊かに
エコで快適「ゼロエネルギー企画住宅」

同社の「ゼロエネルギー住宅」は、光熱費がゼロになればよいということだけはなく、「いかにエネルギー消費の少ない家にするか」「地球環境に優しいCO2を削減した住宅にするか」ということをテーマにしています。高断熱・高気密の家に、省エネ性能の高い住宅設備と太陽光発電等の“創エネルギー”をプラスすることでゼロエネルギー住宅を目指し、より高性能の高く住み継げる家を提案しています。
同社が企画した「ゼロエネルギー企画住宅」(延床面積33坪+太陽光発電10.80kw)は、別名「おひさま給付で建てる家」。太陽光発電を10kw以上搭載すると、売電収入で住宅ローンが20年間約半額になる計算です。つまり、売電価格36円/kwh(税別)とした場合、20年で約840万円売電収入があります。さらに、長期優良住宅+地域型住宅ブランド化事業制度を活用し、100万円を上限とした補助金を受給することができます。地球にも家計にも優しいゼロエネ住宅が注目されています。

施工会社のお話

私たちが目指しているのは、高性能で長く暮らせる「次世代へ継げる家づくり」です。そのために、お住まいになるご家族はもちろん、地球にも優しい省エネ住宅を目指すことからスタートしました。福島県産材にこだわった木の家を提案し、CO2の削減にも貢献。太陽光発電を採用することで、省エネの家からさらに進化した「ゼロエネルギー住宅」の普及に努めています。長く住み継がれる家は、快適性や省エネ性はもちろん、結露も少なく、家自体の老朽化を防ぐことができる高性能の住まいです。住みごこちもよく、ご家族に安心とゆとりをもたらします。また、「長期優良住宅」を標準とし、地元の人材を生かす地域型住宅ブランド化事業を活用し、各種補助金を利用して施主様の予算の負担を減らして提供してまいります。

二階建築郎の感想

木の家の優しい雰囲気に包まれながら、開放感と心地よさを体感しました。外断熱・二重通気工法をさらに進化させた高性能の家は、寝苦しい夏の夜も朝まで快適に過ごせる上に、冷房エネルギーの軽減も期待できます。また、長期優良住宅に+αの制度を利用することで、補助金を活用できるのも嬉しいですね。地球環境にも優しい省エネを実現し、ゼロエネルギー住宅を目指す企業姿勢にも共感しました。家族が安心して長く暮らせる家づくりで、新生活の夢も広がりそうです。

□建物名称:大倉様邸新築工事 □延床面積/㎡(坪数):110.96㎡/33.56坪 □床面積/1F(㎡):56.31㎡ □床面積/2F(㎡):54.65 □土地面積/㎡(坪数):231㎡/69.8坪 □工法:耐震・外断熱2重通気工法 □工期の目安期間:4か月から5か月 □基礎:ベタ基礎構造 □外壁:窯業系サイディング □屋根:ガルバリウム鋼板葺き/全面太陽光パネル設置 □断熱材:基礎/押し出しポリスチレン3種B 断熱材:壁・屋根/押し出しポリスチレン3種B □本体に含まれる費用/≒22,500,000万円
●仮設工事費 ●基礎工事費 ●木工事費 ●屋根工事費 ●板金工事費 ●外装工事費 ●石・タイル工事費 ●防水工事費 ●内装工事費 ●建具工事費 ●電気設備工事費 ●屋内給排水設備工事費 ●屋外給排水設備工事費 ●給湯工事費 ●住宅設備機器工事費 ●運搬費 ●本体価格に含まれない工事費(200万円台) ●照明器具工事費込み ●カーテン工事費別途 ●冷暖房工事費込み ●設計・監理料込み ●外構工事費別途 ●太陽光発電システム工事料込み ●消費税別途

ウッディホームの最新情報

ウッディホームの基本情報

施工会社名 株式会社 ウッディホーム
住所 福島県郡山市富田町字北向24-3
電話番号 024-935-6464
事業内容 設計・新築・リフォーム
定休日 毎週水曜日・第3日曜日・祝日
営業時間 8:00~17:00
ホームページ http://www.woody-home.co.jp
テーマ 無垢・シンプル・和風・数寄屋
価格 坪単価45万円~80万円以上
その他 外断熱工法・注文住宅・補助金利用・省エネ住宅・ゼロエネルギー住宅・長期優良住宅・デザイン住宅、太陽光全量買取住宅

あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

施主に会って家づくりの生の声を聞きに行こう!

2/25 福島エリアの詳細はこちら 3/4 郡山エリアの詳細はこちら かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう