地震から家族を守るにはどれくらいの強度が必要なの?亀岡工務店に聞いてみた

福島県 施工会社 

大地震に見舞われて、家が倒壊することなんて想像出来ないですよね。
家づくりにおける「耐震性」って大切なのは分かっているんだけど、デザインや間取り、家事らく導線などに惹かれて、ついつい後回しになっていませんか?

しかし日本はいつ震災が起きてもおかしくない“地震大国”。
東日本大震災や熊本地震のような大地震が来た際、家は大切な家族を守る重要な要素になります。

そこで今回は“永く住める家”を追求する、福島市の「亀岡工務店」にどうすれば家族の命を守る家ができるのかを聞いてきました。

建築基準法に沿った耐震性だけでは不十分?

現在、日本の建物は「建築基準法」によって耐震性の基準が設けられています。
しかし大地震に襲われたとき、それだけでは倒壊する恐れもある可能性としてはあることを知っていましたか?

一見、「建築基準法=安全」かと思いますが、これはあくまで最低限の話。
現に熊本地震が発生した際、建築基準法に沿って建てられた家でも倒壊していた例が見られたという報告もあります。

ではどうすれば地震に負けない住まいが実現できるのでしょうか。

亀岡工務店では「1棟1棟しっかりと計算により安全性の確認を行い、1つ1つの素材は耐久性のあるものにこだわり、柱や梁などの組み立て部分は地震に耐えられる強い構造にするなど、安全性を最大限に高めています。」と話してくれました。

例えば、耐震性を高めるための耐力壁に工夫をすることはもちろん、2階の床も頑丈な素材を。
また柱、梁などの構造材は従来の工法よりも強固な特殊な工法を取り入れたりと、耐震性能を高めるための工夫は怠りません。

これらの工夫により、耐震性能は建築基準法の1.5倍を誇る“耐震等級3”を目指しています。
“耐震等級3”は消防署や警察署と同じ耐震性能で、熊本地震のときも倒壊することなく、住まう人の命を守った性能だといいます。

震度6以上の揺れが短期間で数回(7回という報告)も発生した、中には修理が必要な家もあったそうですが、少しの補修で今も問題なく住めるというから驚きですよね。
これなら倒壊した家のローンを抱え、改めて家を建てるという心配にはならないから経済的にも安心ですね。

だけど亀岡工務店が考える『永く住める家』は、耐震性能が高いだけではないのです。

『永く住める』とはってどういうこと?

本当に“永く住める家”とは耐震性が強いのはもちろん、住まう人のライフスタイルに合わせて、“家自体もその変化に対応する”ことが重要だと亀岡工務店はいいます。

たしかに今後数十年、今と同じような生活スタイルを送るなんてこと有り得ませんよね。

例えば今お子さんがいるご家庭の場合「子どもの成長に合わせて部屋を作りたい」「子どもが家を離れるから、使わなくなった部屋の壁を抜いて、大きなワンルームにしたい」など、生活する中で“もっとこうしたい”がきっと出てくるはずです。

そこで、亀岡工務店ではそれらのことを想定し、間仕切りが可変できる構造の家も提供しています。

もし一般的な家の間取りを変更するとなると、大幅なリフォームは必至ですよね?
しかし亀岡工務店が手掛ける新たな工法の家は強度を保ちながらも、在来工法と比べて柱の数を大幅に抑える工法(木造ラーメン工法)やSE構法※を採用していて、建てた後も内装や間取りを簡単&自由に変更することができるのです。
※木造ラーメン工法の材料(金物、木材など)を規格化したもの

しかも一般的なリフォーム比べて大幅に費用を抑えられるため、経済的にも嬉しいと家を建てた方からも好評なのだとか。

『その時々によって家を変化させられれば、いつの時代も住みやすく、また住み続けられる家になる。』これこそ、亀岡工務店の考える“永く住める家”です。

亀岡工務店が信頼できる凄いところ

これまで亀岡工務店の家作りを紹介しましたが、やっぱり気になるのが亀岡工務店の信頼性ですよね?
そこで、これまで亀岡工務店がどのような建物の建築に携わってきたか、見てみましょう。
住宅

メゾットタイプの集合住宅やアパート、マンションなど、一軒屋以外にも様々な住宅を手掛けています。

商業施設・医療介護施設

テナントビルや事務所の建築、さらにはレストランやクリニックまで。
こんなに多くの建物に携われるのは、耐震性やデザイン性に定評があるからこそです!

福島県から依頼を受けて亀岡工務店は公共事業にも着手しています。

公共事業・古民家再生

亀岡工務店では、古民家再生にも力を入れています。
趣のある柱や梁はそのままに、伝統的な建築技術や近代技術を駆使して昔からある建物を今に残しています。

その再生技術の高さから古民家再生の全国コンクール、第三回「再築大賞」で最優秀賞である「林野庁長官賞」を受賞!
再利用できる資材を活用し、環境に配慮した長期耐用住宅を作る。
それも亀岡工務店が提案する“永く住める家”の一環なのだそうです。

いかがですか?
住宅のみならず、これまで多くの建築物を作り上げてきた亀岡工務店。
お店を持ちたい方や公共事業、住み継がれた古民家を心から大切に思っている方から信頼されているから、家づくりも安心して任せられますね。

そんな亀岡工務店のモデルハウスが、福島市で気軽にご覧になれるようになるんです。

コンセプトハウス“suhaco”が福島市にオープン予定!!

福島市に新たにオープンするコンセプトハウス「素箱(suhaco)」。
東京でも人気を博しているそうですが、一体どのような住まいなのでしょうか?

内装はご覧の通り、自然素材を贅沢に使った心シンプルなデザイン。
ありのままの木材が素朴味わい醸し出し、心安らぐ空間作りに一役買っていますね。

こちらの『素箱』も木造ラーメン工法が採用されているので、ライフスタイルによって自由に間取りを変えることが可能です。
もちろん耐震等級3と、耐震性能も折り紙つき。

『素箱』は“安全で身を守れて、温かい巣であること”がコンセプト。
建築家の視点から家に必要なものを整理し直し、柔軟でシンプルな必要最低限の設計になっているそう。そして、SE構法を用いて内装などの仕上げを極力シンプルにしたものを
『素箱』として商品化しました。

必要なもの以外は作らない代わりに、必要なものはとことんこだわる。
これこそ家づくりの新たな形なのかもしれません。

“永く住むこと”を何より大切にする亀岡工務店の強み、それは大地震に負けない耐震性と、ライフスタイルの変化に対応する家作りにあります。
そんな亀岡工務店の新しい家づくりを、ぜひその目で確かめてください。

亀岡工務店の最新情報

『亀岡工務店』基本情報

施工会社名 亀岡工務店
住所 福島市佐倉下字前3
電話番号 024-593-1717
事業内容 新築・リフォーム
定休日 本社:土日
モデルハウス:水木
営業時間 10:00~17:00
ホームページ http://kameokakoumuten.jp/
テーマ 純和風、シンプル
価格 坪単価65万円~
その他 スケルトンインフィル・木造軸組在来工法・古民家再生・外断熱・ゼロエネルギー住宅

あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

一括資料請求 施主の評判 見学会・イベント

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント