住宅の断熱性って何?住まいを快適にするための性能「断熱」を知ろう!

家づくり 方法 

「断熱性」って何?

断熱性とは、快適に保たれた室内の温度を外に逃がさない住宅性能のこと。「冬暖かく、夏涼しい家」を実現するために大切な住宅性能の一つです。
家づくりの情報を集めはじめると、必ず目にしたり、耳にしたりする「高断熱の家づくり」。今回は分かるようで分からない断熱性についてお話します。

熱には「高い方から低い方に移動する」という性質があります。そのため、住宅が断熱されていないと、冬は室内の空気が壁や天井、床などから気温の低い屋外へ逃げていき、どんなに暖房を入れても室内が暖まらず、夏はエアコンで室内を冷やしても、なかなか涼しくならないという現象が起こります。

この熱の移動を「断熱材」と呼ばれる素材を使って抑えることを「断熱」、その性能のことを「断熱性」、その性能の高い家を「高断熱住宅」といいます。
快適だけじゃない、光熱費の節約にもつながる断熱性の高い家には、「冬暖かく、夏涼しい」以外にも、様々なメリットがあります。

光熱費の節約につながることもその一つ。断熱性が低いと、壁や窓、床などから部屋の空気が外へ逃げてしまうため、室内はなかなか暖まりません。
その結果、エアコンの設定温度を高くしたり、エアコンと石油を使うヒーターなどを併用したりしなくてはならず、光熱費がかかってしまいます。

一方、断熱性が高い家は、暖房で温められた空気を外へ逃がさないため、室内が暖まるのが早く、少ないエネルギー量で室内を温めることができ、光熱費を削減することができます。

高断熱の家+太陽光発電でさらに節約家づくりをはじめるにあたり、太陽光発電の搭載や高性能エアコンなど省エネ家電の購入をお考えの方も多いのではないでしょうか?
太陽光発電や省エネ家電の力をフルに活用するために欠かせないのが、住宅の断熱性です。

太陽光発電を搭載するのは、自宅で使う電気を自宅でつくり、年間の光熱費の収支を0円に近づけるため。でも、太陽光発電を搭載しても、肝心の住宅の断熱性が低くては、発電しても発電しても、暮らしに使う電力を減らすことはできません。

しかし、高断熱の家に太陽光発電や省エネ家電を使えば、暮らしに使うエネルギーを抑えながら、太陽光発電で電力をまかなうことができ、年間の光熱費をグンと抑えることができます。

断熱性 ココをチェック!(1)断熱材の種類

では、どんな素材を使って、室内の冷気を逃がさないようにするのでしょうか。最初に「熱には、高い方から低い方へ移動する」性質があるとお話しました。その移動を抑えるのが断熱材です。

断熱材のほとんどは、その素材の中にある小さな無数の空気の壁によって、熱の移動を抑える仕組みになっています。断熱材には様々な種類があります。その代表的なものをご紹介します。

自然系断熱材

木質繊維、植物繊維、動物繊維など、繊維を主原料とし、繊維と繊維の間に空気を閉じ込めて熱の移動を抑えます。健康や環境への配慮から最近注目を集めています。

セルローズ・ファイバー

新聞古紙を主原料とする繊維質断熱材

軽量軟質木質繊維ボード

廃材などをリサイクルした木質繊維が主

原料
炭化発砲コルク

コルクの皮を細かく砕き、炭化発砲させたもの

ウール

羊毛を主原料とする動物繊維系の断熱材

このほか、コットンやココヤシを主原料とするものもあります。

発砲プラスチック系断熱材

様々なプラスチックを発泡させて製造したもの。独立した小さな気泡の中にガスを閉じ込めて断熱します。

  • 抽出系ポリスチレンフォーム
  • ビーズ系ポリスチレンフォーム
  • 硬質ウレタンフォーム
  • フェノールフォーム
  • ポリエチレンフォーム
  • アクアフォーム

このほか、硬質ウレタンフォームを水で発泡させ、現場で吹き付けるアクアフォームなど新素材もどんどん登場しています。

鉱物系断熱材

ガラスや玄武岩など鉱物を主原料とし、自然系と同様、繊維と繊維の間にできる空気の層により断熱します。

・グラスウール…ガラスを繊維状にしたもの
・ロックウール…玄武岩などを繊維状にしたもの

内断熱ではグラスウール、ロックウール、セルロース・ファイバーなどの繊維状の断熱材が、外断熱では、硬質ウレタンフォーム、抽出法。ポリスチレンフォーム、フェノールフォームなど発砲系が用いられます。
断熱材はどれも特徴があり、一概に優劣をつけることはできません。住宅メーカーや工務店は家づくりのプロ。その断熱材を採用する理由が必ずあるはず。住宅メーカーを選ぶ際は、使う断熱材の特徴や「なぜ、その断熱材を採用しているのか?」をしっかり確認しましょう。

断熱性 ココをチェック!(2)断熱方法

では、どうやって、「快適に保たれた室内の空気を外に逃がさない」ようにするのでしょうか?住宅の断熱法には、大きく分けて、内断熱と外断熱、付加断熱の3つがあります。

illust_01

内断熱

柱と柱の間に断熱材をうめていく方法で、充填断熱とも呼ばれます。日本の住宅のほとんどが内断熱を採用しています。柱と柱の間に断熱材をうめていくため、断熱材用のスペースをつくる必要がなく、コストを抑えることができる、断熱材をうめた柱の内側、つなり室内温度だけを調整するため、室内が快適な温度になるまで早いなどのメリットがあります。

外断熱

住宅のまわりを外からすっぽり断熱材で覆う方法です。柱の外側に断熱材を貼り付け、その上から外壁材を貼ります。壁の中の空間を残せるため、配線や配管が簡単で、ニッチを造りやすい、柱を含め、家全体を断熱材で覆うため、冷暖房効率がよいなどのメリットがあります。

付加断熱(ダブル断熱)

内断熱+外断熱を採用する断熱法です。柱と柱の間に断熱材をうめた上で、家全体を断熱材で覆います。断熱性の高さは「内断熱か、外断熱か?」だけでは決まりません。

また、壁は内断熱、床下の影響を受けやすい基礎や日差しの照りつけが激しい屋根裏は外断熱にするなど、施工箇所によって断熱方法を使い分けている会社もあります。内断熱と外断熱それぞれのメリット、デメリットをしっかり把握し、「なぜその断熱法を採用しているのか?」をしっかり聞くようにしましょう。

断熱性 ココをチェック!(3)床下や屋根・天井、開口部の断熱

床下の断熱法

地面に最も近く、常に外気にさらされている床下。ここの断熱性が低いと、冬は床下から冷気が上がってきて、室内が冷え冷えした感じになってしまいます。床下の断熱法には、1階床面に断熱材を取り付ける「床断熱」、床ではなく、住宅の基礎の外回りに板状の断熱材を張る「基礎断熱」があります。

屋根・天井の断熱

夏の暑さから家族を守るために大切なのが、屋根や天井の断熱です。一般的には、天井材の上に断熱材を敷き詰める「天井断熱」、垂木の上や間にも断熱材を入れる「屋根断熱」などがあります。

開口部の断熱

快適な暮らしに欠かせないのが、窓など開口部の断熱。壁や屋根に比べると断熱性が低いため、どんなに壁の中にしっかり断熱材を入れても、窓の断熱性が低ければ、冬は室内の暖かい空気が逃げやすく、夏は熱がどんどん入ってきます。

ペアガラス

2枚の板ガラスの間に乾燥した空気やガスを入れ、断熱性を高めたもの。ガラスとガラスの間の空気層が厚ければ厚いほど断熱性が高まります。

Low-Eガラス

通常のガラスの片面にごく薄い特殊な金属膜をコーティングしたガラスのこと。ペアガラスに組み合わせて使うケースが多いようです。

樹脂サッシ

アルミや木製に代わり、塩化ビニール樹脂の枠を用いたサッシのこと。アルミサッシにくらべ、熱を伝えにくく、断熱性に優れています。室内側も屋外側も樹脂、室内側が樹脂で、屋外側がアルミ、両側ともアルミで内部に樹脂を挟んだものもあります。
ペアガラスと組み合わせることで、高い断熱性能を得ることができ、最近は寒冷地での使用が増えています。同じように断熱性に優れた木製サッシに比べ、コストを抑えることができるなどのメリットも。

次回は住宅の断熱性能の高さを客観的に評価する数値、「Q値」についてお話します。

ここがポイント

  1. 断熱性は「冬暖かく、夏涼しい暮らし」に欠かせない大切な住宅性能の一つ
  2. 住宅の断熱法には「内断熱」と「外断熱」、「付加(ダブル)断熱」がある
  3. 断熱性を高めるためには、壁の内側はもちろん、天井や床下、開口部(窓のまわり)の断熱性も大切。床下や屋根の断熱法や開口部の素材も学んでおきたい

nika_c
築郎コメント

冬暖かく、夏涼しく暮らせる家づくりに欠かせない断熱性。断熱法や断熱材の特徴をしっかり把握し、コストとのバランスに配慮しながら、家づくりを進めていくことが大事になりそうですね。次回は「住宅の断熱性能の高さを評価する基準」についてご紹介します。


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント

施主インタビューをみる