よく眠れる寝室の条件とは?家づくりの『寝室』と間取りの工夫と考え方

家づくり 方法  ,,

心地よい眠りにつける寝室とは?

1日の疲れをとる寝室は、音や視線を遮る工夫が大事です。例えば寝室の位置をリビング・トイレ・水まわり・洗面所や道路に面していないところに配置することや隣家が視界に入らないような窓の調整といった工夫を取り入れることで快適さがグンと違ってきます。面積的な広さよりも「自分が心地良いと感じる広さ」を重視できるといいですね。寝室はあまり模様替えされることのないスペースなので、ベッドやふとんの配置を最初に決めてから照明計画を立てることがおすすめ。窓の大きさやレイアウトにこだわり、防犯と通風を両立させながら、心身ともにリラックスできる空間をつくりましょう。


nika_c
築郎コメント

寝室や子ども部屋は、ライフスタイルの変化にも対応できる間取りが重要ですね。
プライベートスペースなので、リラックスできる空間をつくりましょう!


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

一括資料請求 施主の評判 見学会・イベント

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント