省エネルギーの家づくりとは?地球に優しい省エネ住宅をめざして

家づくり 方法  ,

自然エネルギーを利用し、長持ちする「省エネルギー住宅」

地球温暖化やエネルギー資源が世界的な問題となっていますが、子供たちの将来のためにも、エネルギーを大切に使って地球環境にやさしい住まいを建てたいものです。

そこで、年々関心が高まってきているのが「省エネルギー住宅」。省エネルギー住宅(以下、省エネ住宅)とは、一般住宅で毎日の生活に使用される暖冷房や給湯、その他の家電製品などの消費エネルギーを少なくするように設計された住宅を指します。

消費エネルギーを少なくするには、ある程度の不便さが伴うのではないかと誤解されがちですが、省エネ住宅では、自然エネルギーを効果的に利用することによって、今まで以上の快適さを実現しています。

また、生活エネルギーの消費量を少なくすることにより、地球温暖化の原因となる「二酸化炭素」やその他の「温室効果ガス」の発生を抑え、しかも快適さを重視するため、未来型の住宅として注目を集めています。

一般住宅に比べると、まだまだ建築コストが高めですが、光熱費は低く抑えられ、湿気を好むカビやダニの発生も抑えられるため、住宅自体も長持ちします。

これからの家づくりには、地球環境を守るためにも、自然エネルギーを利用した省エネ住宅をおすすめします。しかし、「省エネ」や「エコ」への意識が高まるあまり、「省エネ性能を表す数値が高ければ高いほどいい家」とばかりに数値だけで家の良し悪しを判断したり、省エネのために便利さをガマンするというのでは、快適な住まいとはいえません。

あくまでも、無駄なエネルギーを増やすことなく、住まいの心地よさも向上させるという、省エネ性と快適性を両立させた住まいを目指しましょう。

省エネ住宅は効率がよく、暮らしのメリットがいっぱい!

地球に優しく、子どもたちの将来を考えた未来志向の家として、「省エネ住宅」が注目を集めていますが、一般住宅に比べ省エネ住宅には、次のようなたくさんのメリットがあります。

家の中の温度差が小さい

省エネ住宅では、屋根や壁、床などに断熱材が使用されており、熱伝導を少なくする工夫がなされています。また、気密性にもすぐれており、外気の熱さや寒さなどの気温の変化の影響を最小限に抑える事ができます。
そのため、家の中の上下の温度差や各部屋の温度差、季節による温度差が小さいのがメリットです。

空気がきれいで、家族の健康に良い

気密性が高いのが省エネ住宅の特徴のひとつですが、そのままでは家の中の汚れた空気が外に出て行かず、よどんでしまうという可能性があります。現在の省エネ住宅では、室内の空気の汚れを効率よく排出する計画換気システムが採用されていますので、いつでも空気がきれいです。
効率良く空気を対流させるため、各部屋の温度差が少なく、空気もクリーンに保てるので健康にも良い影響を与えてくれます。

冷暖房費があまりかからない

寒い冬も暑い夏も、効率の良い断熱方法を採用することで、外気の影響を受けにくいので、冷暖房費があまりかからないというメリットがあり、家計にもやさしいです。

遮音・吸音性が高い

省エネ住宅では、家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。また、家の中の音も外へ漏れにくくなっており、優れた遮音性が特徴となっています。

耐久性が高い

高気密、高断熱のため、結露が発生しにくく、構造部剤の腐食も抑えられるため、家全体の耐久性が高いのが、メリットのひとつ。また、構造上で強化されるので、耐震性、耐風性も高く、地震や台風にも強いので安心して長く暮らすことができます。

省エネの基本は「断熱」

省エネ住宅では、夏涼しく、冬は暖かく過ごすために、壁や屋根、床に独特の配慮がなされています。それが、「断熱」で、省エネ住宅の最も基本的な考え方です。熱には、温度の高いほうから低いほうへ対流する性質があります。

そのため、冬は暖房で暖められた空気が住宅の外へ逃げ出し、夏は冷房で冷やされた住宅内に 暑い外気が侵入し、 快適な住環境を妨げるのです。

熱の対流は、部材と部材の間に生じる隙間や、壁・床・天井などの部材の中を通じても起こりますから、在来工法よりも隙間が少なく気密性の高いパネル工法を用いたり、壁や床・天井に断熱性に優れた断熱材を用いると熱効率がよく、エネルギーを節約することができます。

ここがポイント

  1. 隙間の少ない高気密構造と、内外の熱伝達の小さい高断熱構造をもった省エネ住宅なら、冷暖房をあまり使わなくても、夏は涼しく、冬は暖かい快適な環境に
  2. 計画換気で空気がきれいになり、家族の健康に良い
  3. 冷暖房の効率もよく、家計も大助かり!

nika_c
築郎コメント

省エネ住宅は、空気がきれいで快適に暮らせますし、何より断熱性が高いのでエネルギーを節約できるのがいいですね。メリットがたくさんあるのが魅力です!


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする 施主インタビューをみる

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント


error: Content is protected !!