家づくりの収納術!清掃をラクにするための間取りと収納スペースの使い方

家づくり 方法  ,,,,

使い勝手が良くて、掃除がラクな収納ってあるの?

賢い収納計画は、暮らしやすさを大きく左右します。家族の暮らし方や収納のクセを見極めて、使いやすく無駄のない収納スペースを考えましょう。ポイントは、動線計画と収納計画を一緒に考えること。ものが散らからない、掃除がおっくうにならない設計を目指しましょう。まず、収納プランの基本は、しまうものの使用頻度を考えること。年に数回しか使わないものなら、必要なときに何度や物置に取りに行くスタイルで問題なし。一方、毎日のように使うものは、どこかに取りに行く、しまいに行くのではなく、生活動線の途中で収納できると理想的です。たとえば、ウォークインクローゼットは、寝室ではなく廊下からも入れるようにしておけば、寝室を経由する手間を省けます。また、同程度の面積の収納なら、ウォークインクローゼットより普通のクローゼット(収納棚)のほうが収納力は高くなります。LD回りのこまごましたものも、家族の動線上に収納をつくり、行き来の途中に出し入れできるようにすると便利。食品庫を勝手口とキッチンの間に配置すると、買い物から帰宅後そのまましまうことができます。移動のついでに片付けられる収納が便利でおすすめ!また、可能であれば収納は十分に用意したいので、天井裏を利用した小屋裏収納(ロフト)は、まとまった収納スペースを確保できるのでおすすめです。その際、小屋裏収納へのアプローチにはハシゴでなく、きちんとした階段を設置するのもいいでしょう。大きな物の出し入れがしやすく、小屋裏収納の活用法も幅が広がります。ほかにも、デッドスペースになりがちな階段を収納に利用するのもおすすめです。


収納は自由な発想で、生活に合わせて計画する

収納は、「欲しい所に欲しい物を」。つまり、物を使う場所の近くに設けるのが基本。1階で使用するものは1階に、2階のものは2階に収納。使用する場所のなるべく近くに収納スペースを設けることが、部屋を散らかさないポイントです。こちらも、事前にしっかり打合せをしておくことが大切です。「よく分からない…」 という方は、リビングにいつも出したままにしてしまうものがないか考えてみてください。たとえば、ボールペンや車のキー、バッグなど。いつも出したままにしてしまうものを、新しい住まいでは事前に収納できるスペースを確保しておくことで、部屋が散らかるのを未然に防げます。収納には、たいてい「ウォークインクローゼット」「パントリー」「押入れ」などの名前がついていますが、これにとらわれ過ぎるのも考えもの。収納とはあくまでも、しまいたいものをしまう場所。玄関収納に衣類や食品を置いてもOK。クローゼットにおもちゃや本をしまってもいいのです。家族の収納のクセを考えて、自由な発想で暮らしやすい収納計画を立てましょう。

ここがポイント

  1. 収納する物や場所によって収納計画を立てる

nika_c
築郎コメント

収納も水回りも廊下・階段も、自分がどんな暮らしをしたいかを考えて計画することが大事ですね。家族がゆとりを持って安全で快適に過ごせるかにもこだわらなくちゃ!


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

無料の資料請求をする

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント

施主インタビューをみる