住宅会社をどこで建てたらいいのか迷ったら? 家づくりの進め方のコツ

住宅 リポート  ,

151225_7

こんにちは、arukuスタッフのYです。
私はarukuが始まった7年前から家づくり担当として地元の工務店・建築会社で家を建てられた施主の方にたくさんお会いしてきました。

これまでお会いした施主のみなさんに投げかけた質問は私が一番気になっていたこと。
「どうしてこちらの会社で家を建てると決めたのですか?」という質問です。
その答えは様々でしたが、その答えの中に家づくりの進め方のコツやヒントが隠されていました。

151225_27

 どんな住宅会社があるの?住宅会社ってどうちがうの?

家づくりを具体的に進めるとき、地元にはどんな住宅会社があるのか?きっとあなたは調べるはずです。住宅会社には大手ハウスメーカー、地元の工務店、設計事務所などいろいろありますが、どんな特徴があるのでしょう?

会社を選ぶ判断基準は、予算内で建てられるのであればどこでもいいというわけではありませんよね。

大手ハウスメーカー
資本力と販売計画で利益を追求する全国展開の企業。
各社が考えた暮らし方にはテーマ性があり、その暮らし方の啓蒙からなる住宅商品が中心。
ネームバリューがあるほど、万が一欠陥住宅や手抜き工事あった場合には反響が非常に大きいため、品質管理や保証、コンプライアンス(法令順守)には大変気を使っている。

建てた後のアフターフォローはリフォーム部門の管轄となって、今まで担当していた人から離れる場合もある。
広告や人件費(営業マン)の費用がかかっている分、コストに反映される場合も。

地元工務店
住宅は「商品」ではないというスタンスが強い。
デザインや構造体のこだわりなど、各社によって個性がある。
昔から木の家の職人として技を受け継いでいる大工さんと設計士・プランナーが一環となって人それぞれの「こだわり」を形にできる。

天然木や木の特性を良く知っていて環境や風土に生かす工夫として、暮らす人それぞれに落とし込んだ提案がある。
かゆい所に手が届くようなオーダーメイドができるため、ここち良いフィット感を得られる。
デザイン、間取りの提案、構造体、性能(断熱など)など自社で独自に良いものを追及し進化している会社も多い。

家づくりにひたむきで、押し売りするようなイメージの営業マンなどは今の時代はほとんどなく、安心して相談できる。

設計事務所
こちらも地元工務店と似ているが、設計が主体で、施工は設計した内容を実現できる施工会社や下請けの大工に仕事を依頼する。
機能性よりも秀逸なデザインや心地よい空間を創造するなどの傾向も強い。

 

DSC_0311

地元工務店で建てた方がいい人

家づくりを進めると「暮らし方」を考えることに突き当たります。たくさんの施主にお会いして深く知ったことは、「こうしたい、ああしたい」という要望がみなさんそれぞれあって、内容もさまざまだということ。

その要望を満たす、工務店・住宅会社からのかゆい所に手が届くような提案にみなさんはグッときたと言います。
たしかに大手ハウスメーカーで満足された方もいらっしゃいます、そのハウスメーカーの提案するテーマや家があなたの理想と重なり満足であればそれがいいのです。

しかし、家づくりは世界にたったひとつのオーダメイドに限るという人は、地元の工務店をお勧めします。
151225_29

地元工務店で建てた人で一番多かった「要望」とは?

家族構成、家事動線、ライフサイクル、趣味、収納・・・家づくりを考えると様々な要点からなる希望を一つずつ形にしていかなければいけません。

すべてがとても使いやすい、統計的に「コレがいい!」という基本パターンはありますが、家づくりで大事なのは「使いやすさ」や「機能」だけではないということに気づくはずです。

むしろ「使いやすさ」はどうでもよく、家族とコミュニケーションをとる最良の空間を一番に考えたいとか、趣味を存分に楽しめるこだわりについてアツくなる人もいらっしゃいました。

地元工務店で家を建てた施主の方で一番多かった要望は「間取り」についてです。

驚くことに、間取りを考えるときは人それぞれの暮らし方、ライフスタイルによって、「こだわり」が千差万別という点でした。そして、その「こだわり」を中心に間取りは決まってくるというお話がほとんどでした。

そう、間取りはぴったり自分や家族にフィットするものだという事です。

施主のみなさんは建てたあともそう実感しているというのです。

「こだわり」を持っていない人はおそらくいないでしょう。

そして、最近の地元工務店のスキルと感性からなる、こだわりの実現力は目を見張るものがあります。

例えば、家のデザインや世界観にあわせた、造作家具や収納の見せ方などは手作りじゃないと出来ないものです。
160107_1

希望を叶える工務店・住宅会社を見つける方法

それは、興味のある工務店・住宅会社の情報収集。
そして、一番叶えたい要望をできるだけ具体的にまとめること、
これに尽きます。

そのためのコツは次の2つだと思っています。

興味のある工務店・住宅会社の候補を挙げて資料請求をする。見学会に参加する
ホームページなど写真を見てまずはビジュアルから興味をもったくらいのレベルでも資料請求をすることを強くお勧めします。
なぜなら、現代は営業マンが後からしつこくやってきて営業されるという時代ではなくなり、資料を請求したり見学会へ足を運ぶなどの行動をしても、不安やリスクは、実現力の高い工務店ほど無いと言い切れると思います。

こだわりの家づくりなら!福島県のおすすめの工務店の資料請求はこちら

 

もう一つのコツは、興味のある工務店・住宅会社で建てた人(施主)に実際に会って話をきくことです。しかし、これは簡単にできることではありません。

arukuが定期的に開催している「住宅見学バスツアー」がまさにこの絶好のチャンスです。

施主にお会いした時にarukuスタッフが必ずきくことがあります。

「数ある施工会社がある中、どうしてこの工務店・住宅会社で建てると決めたですか?」
「建てたあと、要望を反映できましたか?満足していますか?」

この答えにしっかりと耳を傾けることで、施工した工務店・住宅会社の本質を知りえることができるのです。

まさに、この「住宅見学バスツアー」のタイミングでしか一日に3軒もの施主にお会いすることはできません。

第12回住宅見学バスツアー予約はこちら
shoe_clork2

こんな要望、叶えてくれる工務店・住宅会社はありますか?

例えば、施主の方にお会いして、その方の要望が「木のやさしさが漂う、ぼんやりとした温かみのある灯り、玄関からキッチンまで繋がった土間の中に大きい天板の木のテーブル。
家族や友人など気の知れた人で囲んで、アコースティックギターを弾いたりしながら楽しくワインを交わしたい」という明確なこだわりがあったとします。

そのこだわりを工務店・住宅会社はどのように実現したのか知りたいですよね?

詳しく聞いてみると、
好きな雰囲気、好きな木の質感や素材、家族や付き合う友達の趣味趣向、一日の生活のリズム、家族構成、好きな色、好きな音楽、好きなお酒、太陽光や風をどう採りいれたいか、etc・・・
要望を実現するためには施主についてたくさん情報を必要とすることがわかります。
こんな風に、私のことをしっかり聞いてくれるかな?と思いませんか?
そうです。
そういう質問をこれでもか!(笑)としてくる施工会社を探してください。

naikan2

福島県でおすすめしたい工務店・住宅会社は?

arukuの住宅見学バスツアーで見学する家の施工会社には共通の特徴があります。
それは「こだわりの実現力が高い地元の工務店・住宅会社」ということ

 

第12回住宅見学バスツアー予約はこちら

 

私たちarukuの家づくりのコンセプトは「世界にたった一つのこだわりの家づくり」
だからこそ、実現力が高い地元の工務店・住宅会社しかエントリーしていません。
ここでいままで「arukuと行く!住宅見学バスツアー」にエントリーした「こだわりの実現力が高い工務店・住宅会社」をご紹介します。


センチュリーホーム:郡山市
県産材の無垢木・自然素材をふんだんに使い、二つと同じ家の間取りはないオーダーメイドの注文住宅で、住む人それぞれのこだわりを細部まで形にする。一棟一棟構造計算を密に行い、しっかりとした強い構造体で、家中を暖かさですっぽりつつむ外断熱工法で快適さ、暮らしやすさを提案。

建築のワタショウ:三春町
高気密・高断熱を前提に和モダン、ナチュラル、シンプル、純和風などデザインの趣向はどんなデザインでも実績と定評がある。細かなヒアリングで生活スタイルを把握した間取りを提案。生涯の計画やライフスタイルから適切な資金計画を導いてくれます。

小室建設:鏡石町
「家族の絆を強くする」をコンセプトに自然素材、省エネ、高いデザイン性を軸とした家づくり。経験豊富な自社大工をもち、ヒノキなど天然素材の収まりは匠の域。住む人に寄り添い高品質でありながら予算を抑える工夫も提案してくれる。

SIMOKU 八光建設:郡山市
県産の無垢材をふんだんに希をてらわない自然体の家づくり。穏やかで独特な空間と素材感に一目惚れする人も多いという。土地環境、自然や風土を生かす、昔ながらの土間を取り入れる、光や風の採り入れるなどの工夫も秀逸。

遠藤工務店:郡山市
「住む人のために」という社長の思いは強く、一棟一棟を丁寧に構造体の見えない部分も社長自らがチェックするほどの品質管理。また、こだわりをしっかりと実現するために職人との綿密なコミュニケーションを欠かさない魂を込めた家づくり。家だけでなく、地元のネットワークから土地物件にも強く、安全で適正な価格を隠すことなく親身になって提案してくれる工務店。

ユニバーサルホーム郡山店:郡山北市
子育て世代にぴったりの暮らしやすい間取りのノウハウ、独自の地熱床暖房が一番の強み。とにかく気持ちいいと定評のある地熱床暖房システムを取りいれた快適性とデザイン性、耐久性を軸に住む人のこだわりをしっかりとオーダーメイドで実現できるのが郡山北店の強み。

151225_3

arukuの住宅見学バスツアーに参加するメリット

前述のように、実現力の高い住宅施工会社は「まだいろいろ聞くの?」というくらい、イメージがわかるまで聞いてきます。
arukuの住宅見学バスツアーで廻る工務店・住宅会社はどの会社もこのヒアリングに力を入れている会社なんです。
施主の方に実際にお会いすれば、そのことを理解できるでしょう。

なぜ?って、施主の方が会って話してくれるということ自体、トータルに見て「満足している」ということに他なりませんから。

あなたが、より具体的に「こうしたい!」という要望があるならば、
なおさらarukuの住宅見学バスツアーに参加してみましょう。

よくインターネット上に、口コミや評判が書いてあるので、それを気にして口コミ情報を検索して探したりしますが、実際に建てた人のホンネは、インターネット上の情報を頼るよりもはるかにリアルで、聞きたいことを聞いてしまったほうが安心するはずです。

そして、施主の方にお会いすればわかると思いますが、どの方も「こだわり」があります。
そのこだわりをいろんな角度と視点から提案し施工した工務店・住宅会社の真摯な姿勢を感じることが出来る瞬間。
それを体験できるのが、このarukuの住宅見学バスツアーなんです。

「世界にたったひとつの家づくりを考えている方」
「真剣に家づくりを考え、住宅会社を迷っている人」
は、
ぜひarukuの住宅見学バスツアーに参加して、施主に会ってください。

そして、あなたが一番聞きたいことをarukuスタッフに投げかけてください。

150棟以上家づくりの完成邸を見て廻った、arukuの山下やスタッフも一緒です^^

当日、あなたが満足する結果となるよう、私たちarukuが一緒になって家づくりを考えさせていただきます。

写真3

「数ある施工会社がある中、どうしてこの工務店・住宅会社で建てると決めたのですか?」
「建てたあと、要望を反映できましたか?満足していますか?」

>>この質問に答えてくれた、実際に家を建てた人達の声はこちら


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

一括資料請求 施主の評判 見学会・イベント

福島県内の住宅を探す

見学会・イベント