こだわり空間でライフスタイルに合わせた家づくりをマイホームで演出【Vol.6】

住宅 リポート  ,,,,,

マイホームは、ほかの誰でもなく自分たち家族にとって「心地いい」ものにしたいですね。「暮らしやすく、気持ちのいい」自分好みのスタイルにこだわりましょう。愛しいものに囲まれた暮らしは、四季の移ろいを楽しみ家族の暮らしそのものを豊かにしてくれます。今回は、こだわりの“素敵スタイル”を実現したご家族の楽しみ方を紹介します。

子ども部屋のオリジナルベッド&収納

150901_1
子どもたちの部屋にベッドの下を収納スペースにしたオリジナル家具を造作。ベッドの昇り降りも楽しく、スペースを有効活用できるのでお部屋を広々使えます。(施工/センチュリーホーム)


Style01 自宅でロッククライミングが楽しめちゃう!

150901_2
ムクの床が心地いいプレイルームは、家族が一緒に遊べる空間。壁の一面はロッククライミングウォールにし、梁からブランコを下げました。土間もあるので、アウトドアグッズを庭から直接出し入れできるのが便利。(施工/エーベデザイン)


Style02 広々としたカウンターや棚が使いやすいキッチン

150901_3
使いやすく、おしゃれに、奥様のセンスが光るキッチン。髙い位置にある食器棚もレンジフード周りの飾り棚もすべてオリジナル。使い込むほどに味わいを増す、手のぬくもりを感じる空間です。(施工/吉田技建)


Style03 和モダンな空間に合う「囲炉裏」でお酒を楽しむ

150901_4
あらわになった梁やムクのフローリングが心地いい空間にしつらえた囲炉裏。ここでは、ご夫妻が大好きなお酒を楽しみ、インナーガレージにあるご主人の趣味のバイクを眺めることもできます。(施工/サラサホーム郡山)


Style04 階段の手すりのデザインや素材にもこだわりました!

150901_5
明るい陽光が差し込む1階は、手塗りのしっくい壁とムクの床も気持ちいい。階段も細部までこだわり、手すりも手仕事感いっぱいの温かみのあるデザインに。照明とのコントラストも素敵です。(施工/無添加あいの家)

Style05 広々としたカウンターや棚が使いやすいキッチン

151014_1
使いやすく、おしゃれに、奥様のセンスが光るキッチン。髙い位置にある食器棚もレンジフード周りの飾り棚もすべてオリジナル。使い込むほどに味わいを増す、手のぬくもりを感じる空間です。(施工/吉田技建)

ライフタイルに合わせた家づくりを楽しむ
こだわりスタイルを見つけよう!

寝室
寝室の役割は、睡眠や休息をとることはもちろん、一日働いて疲れた体をゆっくり癒す場所です。そこで大切なことは、室内の光や風、室温を調整できること。窓からの柔らかな光や間接照明のソフトな光も癒してくれるのでおすすめです。また、ナチュラル派の方には、バルコニーをプラスして開放的な寝室に。布団干しにも便利ですよ。勾配天井を利用したロフトや収納も機能的です。

和室
本格的な床の間のある和室は少なくなりましたが、ちょっとした“畳の間”は根強い人気です。横になってくつろいだり、洗濯物を畳んだり、身内が泊まれるお部屋にと便利。心地よい空間をつくるポイントは、天井高と広がり感を工夫すること。狭く感じさせないことで、和の空間を楽しむことができます。

ワークスペース
パソコンで調べ物をしたり、子どもが宿題をしたり、ちょっとしたことにも使える気軽さが人気のワークスペース。リビングやダイニングから見えない“秘密基地”のカウンターデスクや、収納棚を造り付けたコーナーも片付くのでおすすめ。家族が気持ちよく作業できることが一番大事ですね。

サニタリー
家族が毎日必ず使う洗面所やトイレは、心地いい空間にしましょう。明るさもポイントで、採光の工夫が必要です。また、洗面所の入口は開けたままにしておけるのがべストなので、引き戸にしたり、洗濯機を見えない角度に置くなど、レイアウトも気にしてみては。トイレは、LDKから離れていたほうが気がねなく使えます。将来を見据えて、トイレの出入口の幅を広くとっておいたり、バリアフリーにしておくと安心ですね。

デッキ&テラス
デッキでBBQやお花見パーティ、テラスで優雅にティータイム…やっぱり、憧れますね。デッキやバルコニーは、室内の延長として使えるので、生活空間が広くなり、家族の楽しみもグンと増えます。借景を楽しんだり、シンボルツリーを眺めたり、何もしないでもくつろげる空間も贅沢です。

玄関
玄関にもほんの少し余裕のスペースがあるといいですね。ちょっと腰掛けたり、荷物を載せたり。ゆとりがあれば、物置としても使えるシューズクロークがおすすめ。すっきり片付くのもうれしいです。また、玄関ホールにも遊び心を取り入れてみては?ニッチや棚にかわいい雑貨を飾ったり、絵を掛けたり、目で楽しめると癒されます。ダウンライトも人気で、安心感があります。


あわせて読みたい家づくりの記事!

トップに戻る

失敗しない家づくりのコツ、知っていますか?

実際に家を建てる人は、平均で10社分の資料を請求しているといわれています。今、あなたは何社分の資料をお持ちですか?はじめての家づくりガイドなら、一括資料請求がかんたんで手間がかかりません。一括資料請求をして、あとはあなたにあった家づくりを選ぶだけです。ご登録はかんたん!たった1分でできます!

施主に会って家づくりの生の声を聞きに行こう!

2/25 福島エリアの詳細はこちら 3/4 郡山エリアの詳細はこちら かんたん資料請求 施主の評判をみる 実際に家を見たい

キーワードで探す

完成邸を見に行こう